オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カップめんの正しい食べ方。(+最近のお気に入り)

相変わらず、
マイ雑穀ご飯ブームは続きながらも、、

ジャンクもそれと同じぐらいにおいしく感じられ、

つまり、薬も毒も(?)どっちも妙にしっくりくるこの頃。

じゃあ、どっちもヘルシーに食べればいーんじゃないの?ということで、

このところ気に入って食べている、
タイのカップめんブランドmama系 and others の

いかにも「体を酸性化しそう」なジャンク類に、、

mama noodles

ターメリックと黒コショウ、
さらにはおにぎり用海苔2枚をADD。

…これで、かなりヘルシー化です。

ターメリックに黒コショウを加えると、ターメリックの吸収が
2000倍高まるのと、

いかにも腸を掃除してくれそうなアルカリ食品・海苔を2枚も加えれば、、

もう言うことなしです。(たぶん)

個人的に、同じインスタントヌードル系でも、
日本製とタイ製のものを食べ比べたときに、マイ体の反応が
明らかに違います。

タイ製のものを食べても、
体はわりと普通なのですが、

日本製のものを食べると、明らかに味は洗練されて食欲を誘発はされるものの、
食べて少し経つと、心臓にキーーーンとくることが多い。

これで、

うわ、、
どんだけ添加物入ってんの? or 砂糖分や塩分がとんでもなく多く
含まれているのが、一発でわかります。

タイ製のものも、もちろん添加物入りですが、
日本のものと比べると、濃度的にはかなり薄い or 使われている種類が
少ないような気がします。マイ感覚的に。

日本製のインスタントヌードルは、
味が洗練されていておいしいので、ついつい食べたくなりますが、

調子こいて毎日食べてしまうと(私のようにめったに日本製のものを
食べない人間が、たまに日本のものをおみやげにもらうと
一時的にこういうことになりがち…)、

肌にこれまで出来たことがなかった妙な炎症が出てきて、
驚くことがあります。
(↑食べるの止めると自然に治まります)

***

普段から、ターメリック+黒コショウをとる。

これ、すごくおすすめです。



■他、つぶやきその1: かわいいキャラペン

ここのところ、
日々の散歩コースとして定番になりつつある、
近所のナイトマーケット「タラートロットファイ」(別名 Train Market)。

このマーケット、毎週木曜~日曜のみだったのですが、
いつの間にか週7日全部オープンになってました。

…すごい人気です。

平日でもおかまいなし、連日かなりの人で賑わうこのマーケット、

talat rot fai image

ある程度行くと、内容的には目新しいこともなくなってくるのですが、

場の活気あふれる雰囲気と、
「いやー、、この場所、絶対テロ危ないよなー」と思わず懸念しながら
ソソソと散歩するのが、ちょっと刺激的。(笑)

そんなマーケットで何気に目に止まり、
かわいくて思わず買ってしまった、アイディアペン。

carapen.jpg

ピヨコペンは前々からお気に入りでしたが、
発芽もどきペン、サヤエンドウ仕立てのペンもなかなかキュートな感じ。。


carapen2.jpg
ポロっっ
(豆がリアルにとれます)



■他、つぶやきその2: TEDトーク@最近のお気に入り

TEDトークのサイトにハマってから、早数ヶ月。

視野が広がるというか、、
生まれた国が違ってても、結局人間て考えること同じなんだね。と思える
ことも多く、ためになるこのサイト。

私はどちらかというと、学者系のおじさんスピーカー系トークが
好きなのですが、

最近特に興味深かったトークをリストアップしてみました。
(日本語字幕モードにしてどうぞ)

平和主義者になった元イスラム過激派のおじさんの話
日本人の先祖はやはり別格? アメリカ史上最強の日系サムライ部隊の話
同じ人間が最悪にも最善にもなる話
どう解釈するかによってここまで違う「喜び」の話

…ゆったりお茶飲みながらみると格別。。




  1. 2017/09/03(日) 12:09:35|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0

久しぶりの更新。。

前回の更新からだいぶ経ってしまいました。(いつのまにか広告出てるし)

なので、久しぶりに最近の模様などをつぶやいてみようかしらね。
ということで。

マイメインブログの方には何度か書きましたが、
なーんか最近はいたってヘルシーな食生活を送ってますよアピールを
してる私。

いやー、ほんと、人間て、、
極端に一方の極ばかりにいってると、反動で反対の極に行きたくなるんだね。
というのを、身をもって実感中。

ジャンクフード系が、異様においしそうに見えて
しょうがないったらありゃしない(笑)

で、かなり久しぶりに実際にカップヌードル系を食べてみると、
これまた、極上においしく感じる。(恍惚)

さらにさらに。

長い間(もう半年以上?)、なぜか全然食べる気が起きなくなっていた
フルーツがやたらめったら食べたくなる、ここ最近。。


mango painappoo
近所のロットポンラマイ(車に果物をつんで売ってるフルーツ屋さん)で買った、
完熟ジューシーパイナッポーと酸っぱいけどかなりアディクトになる山吹マンゴー。
左はお風呂用ヒマラヤ岩塩


ここのところなぜか、毎日食べずにはいられない、
固いややすっぱめマンゴー@山吹色+完熟パイナップルの組み合わせ。

体が異様に酸っぱいもの&ビタミンCを求めてるぞー、みたいな。

なんなんでしょうね、この極端さ。
(生まれたときからピッタ入りだからしょうがないか)

…というわけで、広告撃退対策のとりあえず更新でした。

そのうちいい写真がとれたら、またアップしたいと思います。




  1. 2017/08/29(火) 17:09:40|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0

新作シャンプーバー、ご披露目。

タイは硬水のせいか、、

水を柔らかくする効果のあるシカカイ入り石鹸が、
どちらかというと人気め。。

日本は軟水のせいか、アムラ入りの石けんが好評です。

やはり、住んでる国の水質によって、
好まれるハーブは決まってくる模様。

今回は、タイが誇る頭皮&頭髪滋養ハーブ・カフィアライムと
インド伝統お墨付き美髪ハーブ・シカカイを融合した、

お菓子仕立てなシャンプーバーを作ってみました。

s-k shamoo bar

主な原料ハーブ:
カフィアライム、シカカイ、ニーム、ラベンダー、ペパーミント


☆販売開始は8月上旬予定@オリエンスハーバルです。

…とまあ、何気にジミーな新作のご紹介でした。


★★《毎月・第二週目の土日/10:00~17:00、
バンコクファーマーズマーケット@Gateway にて出店中!》




  1. 2017/07/12(水) 10:53:32|
  2. 髪ケア・その他
  3. | トラックバック:0

お惣菜パラタ。

ここのところ、、

インド生活時代に覚えた、家庭パンの一種・パラタ
(チャパティにオイルを多めに入れて層を加えたパン)の生地を
ベースにした、

お惣菜パラタをよく作って食べているのですが。

そもそも、タイに住んでいながらなんでパラタなのかというと、

「栄養の宝庫・ナッツ&シード類を、まじめに食べるため」の工夫の
ひとつとして思いついたからなのでした。

最近は、もっぱらカボチャの種をまめに食べ続けて数週間経過した
のですが、

明らかに、「体を本当に丈夫にできる食べ物」感という手ごたえを
ひしひしと体で感じ、

これは食べ続けねば。と、ひたすら毎日、少量ずつ食べてます。

パラタのことを思い出すまでは、パスタに入れたり、
おかずに加えたりして食べていた、ナッツ&シード類。

でもそれもなんだか飽きてきて、、

もっとパンとかで、手軽に違和感なく食べれないものかと思ったときに、

生地に練りこんでしまえば、西洋スタイルの発酵パンと比べて
発酵の手間もいらずにスムーズに食べれる、インドのパン・パラタ
のことを思い出したのでした。
(なんせ、粉をねってフライパンで焼くだけのシンプルさ!)

paratha dough

パラタのいいところは、生地さえつくっておけば、
いろんな応用がきくところ。

具をお惣菜風にしたり、おやつ風にしたりと、
いろいろ工夫し甲斐があるのです。

で、ここのところのヒットは、

・粉チーズ+ねぎ
・卵サラダ(よくサンドイッチにはさむアレです)
・ピーナッツバター

などで、
まだまだバリエーションを増やそうと思ってますが、

今日作ってみたのは、こちら。

マヨ、海苔、長ネギ、粉チーズのヴァージョンです。

atatatatata.jpg

粉は全粒小麦粉を使うので、栄養たっぷり。

seaweed and parmesern

こんな感じに好きな具をおき、たたみこんでいく感じ、、

paratha on frypan

…海苔をそのまま入れてしまったので、生地がのびず、
形、悪っ(笑)

sourcraft and paratha

たっぷりの紫キャベツのサワークラフト(自作)をそえて、
できあがり~


…こうして、おかず&主食のパラタ修行は、
飽きるまで続くのでした。




  1. 2017/07/05(水) 23:33:22|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0

ロバン(フランキンセンスの親戚)のボディバター。

ここのところずっと、

すごく気に入って使っていたオーガニックのハンドクリーム
(もうだいぶ前に、薬局のセールのときに半額以下になっていた
ものを衝動買いしたもの)がとうとう切れてしまい、、

クリーム系はほとんど自分で作ることがないので、
市販のものをまた見に行こうかと思っていたところ、

何気にふと、目にとまった、ロバン。
(ロバンは種類が数多くあるフランキンセンス系樹脂のひとつで、
甘くしっとりした、リラックス感を誘う香りが特徴。)。

ここのところのじめじめ雨シーズンのただ中の室内に、
清涼感とちょっとしたアクセントをもたらすために、

たまに炭火にくべて煙を出し、室内を浄化したり、
眠るときに蚊よけ&安眠促進お香のように使っているこのロバン。
(インドでは悪霊払いや儀式、瞑想の時などによく使われています)

そういえばフランキンセンスは、肌の美容にもよかったよね。
ということで、

ちょうど家にあったシェアバター、ロバンの樹脂、
ニーム葉オイルラベンダー入りヴァージョンを使って、

ボディバターを作ってみることに。

loban body butter

かなり前から、フランキンセンス系の樹脂そのものの美肌効果に
興味があり、
自分の体で人体実験してみたいと以前から思っていたので、
ちょうどいい機会なのでひとつ作ってみたのでした。

さすが樹脂。つまりは固形オイル。

濃いベトベト感の強い、ボディバターができあがりました。

匂いはロバンそのものの、落ち着いた大人な香り。

昨夜、寝る前に塗り、今日の朝さっそく肌の調子をチェック。

原料の4分の1をロバンにしたのですが、
ちょっとロバン入れすぎたかな。。な感じの仕上がり。

収斂効果がすごいです。
毛穴をギュギュギュギュと引き締める感じが強いというか。

これだけたっぷり作ってしまった(400gぐらい?)ので、
とりあえずしばらく使ってみて、様子見です。


  1. 2017/06/08(木) 16:20:54|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。