オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

身近な風景・写真館。その23.「ブラリ郊外、コラート。その1.黒田ファーム」

去年の年末に、おもむろに2017年の抱負として、
「動くわよっ!」宣言をした私ですが。

その「動くわよ!その1」ヴァージョンとして、今月は、
タイの東北地方・イサーンの玄関口にあたるナコーンラチャシマ県
(通称コラート)をプチ訪問することに。

今回のメインは、タイで唯一の日本人経営のオーガニック農場@コラート
の黒田ファーム。

バンコクから、休憩も入れて目的地まで約7時間ほど車でゆられながら、
目的地のファームへ到着。。

今回は私よりも歳が二回り&三回り上の方たち(60後半から80前半)と
同乗させてもらったのですが。

明らかに今の若者たちよりもはるかに元気炸裂、、
「ワタシはもう○歳だから・・・」系言い訳や常識など、
まったく通用しません。

私自身、もともと人間を歳でうんぬん考える類いの人間ではないのですが、
この方たちを観察しながら、「恐ろしく若い!!!」の一言。
「あんたなんかまだ生まれたばかりの赤ん坊じゃよ」よばわりされることに。(笑)

さて、今回はそんなコラートのファーム風景をピックアップしてご紹介をば。

のどか1

のどか2

のどかです。

とりちゃんたち

賑やかなトリちゃんたち

豚ふぁみりー

黒ブタファミリー、団らん中

牛もいます

牛もいます

生インディゴ

生インディゴ自生してます

手インディゴ

手にとるとこんな感じ

ニームそっと1

フレッシュニーム

 
さすが田舎。バンコクと違って酸素濃し。
生えてる植物は、ほぼインドと同じです。


ニーム葉オイルで毛がふさふさ

このワンコ殿は、主人にしか一切なつかないという農場の番犬ポパイ。
農場にいるワーカーたち、野生のカラスなどに怖れられ中。
これまでに何人ものワーカーが容赦なく噛まれ、辞めていったのだとか。。

ご主人様の前ではこのように身ゆだね&おまかせコース。

ほんの一年前まではダニや虫などによる痒みによる掻きむしりから
毛がごっそり剥げていて、獣医の元に連れて行っても一向に治らなかった
ところ、
ニーム葉オイル を使いはじめてからたったの数日で
ほとんどの痒みがおさまり、今はこのように剥げた部分からも
ぎっしり毛が生えてフサフサ&どこも剥げてません。

ニームヂカラ、、恐るべし。


ニームそっと2

※ニーム葉オイルは、タイ国内の方はネットから入手可。または
プロンポンのMOSS terraceさん@ラケットクラブの店頭にて購入できます。



《コラート。その2につづく》

スポンサーサイト
  1. 2017/01/22(日) 16:29:56|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/816-fec12b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)