オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

身近な風景・写真館。その11. 老舗でプーパッポンカリー。

基本、B級グルメの女王的な感のある私ですが。

先日はグルメなご夫婦にお供し、、

私が生まれる前から営業しているという、
タイ名物・プーパッポンカリー(カニのカレー炒め)で有名な老舗レストランで、
晩メシることに。

sonbuuun.jpg

さすがは老舗の人気店。

お客は地元のタイ人、アジアンな旅行客でごったがえし、
ライトの薄暗い感じが、微妙に昭和。。

こういう一見時代がタイムスリップしたような、年期がある雰囲気という
のは、妙に落ち着き、昔から大好きなのでした。

puupapponcurry.jpg

こちらがタイ名物、プーパッポンカリー。
(普通はカニが殻ごとが入ってますが、食べづらいので予め殻を
とってあるヴァージョン。)

・・すごい量です。


プーパッポンカリーを、たまに食べるといつも思うのが、

これって絶対、
明治のカール(お菓子)のカレー味と
同じ味だよね。

カレー味スパイス+味の素+クリーミーさ = カールのカレー味

みたいな。

カールのチーズ味とカレー味は、子供の頃大好物だったお菓子なので、
似たような味のものに出くわすと、嬉しくなるのですが。

今回の本格プーパッポンカリーはさすがに、
味の素に頼ってない(たぶん)、別格の味でした。

人気のある老舗のメシというのは、誇りとホコリ(いい意味での)が
混じったような、なんともいえない貫禄があります。

新しいレストランというのも、確かに別の魅力がありますが、
淡々とひとつのものが、昔から続けられているという「筋金入り」的な
ものを感じさせる老舗というのは、独特の魅力アリ。

fukahire.jpg

kamonabe.jpg

pak boon

たまにこういう豪華メシをいただくと、
B級グルメ独特のおいしさもまた引き立つのでありました。
(どっちもラブ)






スポンサーサイト
  1. 2016/02/23(火) 23:05:13|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/783-f6decb6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。