オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

肌と髪を滋養するバンコクB級グルメ、うずらの目玉焼き。

タイで暮らしてると、、

暑い国ならではのいろいろなB級グルメがあり、
どれもこれも魅力的なのですが。

そんなB級グルメのひとつが、
このうずらの卵の目玉焼き。

bkyu1.jpg

ミニチュアの目玉焼きがズラリとならんでる様子を
眺める分には、楽しいものの、

「おいしそう! 食べたいっっ!!」と思うほどの
インパクトがあるわけでもなし、、

しかも食べたときの味が、
簡単に想像がついてしまうということもあり、

ま、別に食べなくてもいーよね。的なジャッジで、
いままでは99.9%の確率で、
もろ素通りしていた、このB級グルメ。。

bkyu2.jpg

先日、なにげに海外のナチュラル美容&健康系メルマガの
ニュースレターを読んでいたら、

うずらの卵は、実は、

肌と髪にスーパーいい食べ物

ということが判明。。

うずらの卵は、子供の頃によく食べた覚えがありますが、
存在の地味さから、日々、すっかり素通りしてしまっていたこの食材。

おそらくこの記事を読まなければ、
今後も食べる予定がほとんどなかった食材かも。

一個二個食べてみても、一向にお腹はふくらまないし、
卵といえば、いつも当たり前のように鶏卵を買っていたのですが。

・・ニュースレターを読めば読むほど、
これまでの無関心さはどこへやら。

うずらの卵へ興味は深まり、、

ついには
「日々食べるべき、マイ食材リスト」の中に追加することに決定。(笑)

ちなみに現在、このリストに入ってる食べ物は、

・リンシード(一旦煎ってからミキサーでくだいたもの)
・海苔
・大麦
・空芯菜
・ターメリック for 肝臓ケア&解毒
・ブラーミ(for 脳ヂカラアップ)
・バタフライピー(for ブラーミに同じ)
・緑茶

です。


うずらの薬効などについて詳しくは、こちら をどうぞ。

quail eggs sunnyside




■おまけ: 

先日、ラオスの某ホテル内で、
朝ご飯ビュッフェを食べようと、朝7時にレストランへいくと、、

ikoku2.jpg

ちょうどスタートしたばかりで、人はまだガラガラ。と思いきや、

同ホテルに泊まっているらしき近隣国からの旅行グループの団体?が
次から次へとやってきて、

ikoku1.jpg

まだ朝7時30だというのに、
またたくまにレストランは、人人人。。。

ikoku3.jpg

慰安旅行か何かかしら。

名も顔も知らぬ異国のアジアな人々とともに、
同じテーブルを囲んで食べる朝ビュッフェは、
なかなか非日常な空間で、
酸欠な脳にほどよく新鮮な空気を補給できました。



スポンサーサイト
  1. 2015/10/04(日) 21:36:42|
  2. タイな日常
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/770-75907234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)