オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

ピッタな食べ物「唐揚げ」を、アーユルヴェーダでカスタマイズ。

揚げ物。

油で揚げた食べ物というのは、、

基本、そのまま食べたら、ピッタを悪化させやすい
代表的な食べ物なのですが。

これに、ピリリリとスパイシーな味がついちゃってる場合は、
さらに激ピッタになること、間違いなし。

タイって、なんかピッタ系の人が多いような気がするのですが、

それも、揚げ物+辛いものが大好き!的な
タイの食文化からきてるのではないか。と私は睨みました。

そんな私も、子供の頃から唐揚げが大好物で、
特に鶏肉の唐揚げには目がなく、まじめにソウルフード状態。。

そんなソウルフードは、
くたびれ果ててるときなどに、即効で効いてくれる元気回復剤として
大いに活躍してくれるのですが、

質的に激ピッタな食べ物だけあって、ピッタな人間が食べる時は
やはり、アーユルヴェーダな一工夫を加えたほうがいーんでないの?
ということで、

先日、いつも野菜洗いに利用している重曹を、
何気にお肉にパラパラふりかけ、さらにピッタ緩和スパイスのターメリック
とコリアンダーを加えて1時間ほど漬け込んだものを、

addbakingsodaspice.jpg

揚げる直前に、いつもの市販唐揚げ粉(タイの唐揚げ粉はなぜか、
唐揚げ好きにはたまらないほど、スーパーおいしくクセになります)を
パンパンとからめて揚げてみたのでした。

friedchickenpowder.jpg

・・・食べてみて、びっくり。。

重曹なしのときよりもかなりお肉が柔らかくなるのと、
スパイスの肉への染みこみ具合がすごくよく、

まじめにおいしく仕上がりました。

aroygaitoot.jpg

重曹を加えることで、酸性食べ物の代表のような肉という素材を
マイルドにアルカリ化して、消化が軽くなり、、
なんと。揚げたものを食べた後になりがちな胃もたれが、
かなり少なくなります。

なんといっても、大好物だったKFCのフライドチキンよりも
おいしく感じられたことに、プチ感動・・。


・・・重曹パワー、恐るべし。

アメージング重曹効果

人々が重曹を使いこなせれば、製薬会社つぶれちゃうよ。ぐらいの勢いの
薬効が注目されている重曹ですが、

まさにそれを、胃で実感した私でした。

ちなみに、唐揚げを食べる時は、タイ風に生野菜をボリボリ食べながら
いただく。というのが、ピッタ緩和をさらにアップしてくれそう。

freshnamaphak.jpg

生の野菜を、
ボリボリ、ボリボリ。。。

うーん、、 
バランスよくて、なかなかグッドです。



☆☆☆

■期間限定「ターメリックプレゼント」、まもなく終わります。■
~欲しい方はお早めに!~

■ベサン500g、ゲットできます。
at ORIENCE-HERBAL natural products
(タイ在住の方オンリー)


besan flour chibichibi



スポンサーサイト
  1. 2015/09/26(土) 20:52:57|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/768-e639d651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)