オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

オクラな話と更新情報。

先日、ほぼ毎日のように常食してる
インドのニンニク・マサラピクルスが切れたので、、

garlicachar.jpg

ゲットしに、
久々に地下鉄に乗ってアソークへ。

その時、ピクルスが置いてあるインド食材店のあるマーケット内で、
偶然、欲しいと思っていた小ぶりでやわらかそうなオクラを発見。。

タイのオクラは、インドのオクラと同様、
育ちすぎて繊維が固くなってしまってるものが売ってたりするので、

まだ柔らかいうちに収穫したオクラは、日系スーパーにでも行かない
限り、結構手に入りにくし。

なので、得した気分になり、やや多めにゲットしとくことに。

おくら

ついでにその真上に、大好物のカレーリーフの生葉がぶら下がっていた
ので、またまた得した気分に。。

インド時代は、カレーリーフを油で炒めたものに塩をふって
おやつがわりに食べてました。

これがまた、止められない止まらないかっぱえびせんのような
中毒性があるのです。(たぶん私だけ)

なのでついでに、このカレーリーフもゲット。

acharcurypatta.jpg

生のカレーリーフは、独特の濃い匂いがあり、
この匂い嗅いでるだけで食欲が異様にそそられるのは why?

ちなみにタイのカフィアライムの葉っぱにも、
似たようなアディクト性あり。。

カリカリに焼いた葉っぱに塩だけ。というシンプルさが、
飽きのこない中毒性につながるのかしら。


ところで話はオクラにもどりますが。

オクラは実は、最高の美容野菜。

歴史上の記録によれば、、
オクラの歴史はとても長く、エジプトではクレオパトラの時代以前から、
すでに栽培され、

エジプトのクレオパトラ、中国のヤン・グイフェイ、
その他世界の美女たちはたいてい、食事の中でオクラを食べることを
とても好んだのだそうです。

オクラは、ビタミンA、ビタミンCが含まれ、鉄分とカルシウムの宝庫。

また、でんぷん、脂質、灰分、チアミン(ビタミンB1)リボフラビン
(ビタミンG)が含まれてるとのこと。

さらにさらに、オクラの中に見つかる良質繊維は、血糖を一定に保つの
を助けたり、独特のネバネバ成分は、コレステロールと胆汁酸の中に捨
てられた毒素をくっつけ、肝臓を濾す効果も。

オクラは夏の熱対策によく、体が弱い人、消耗しやすい人、憂鬱な
人にとって、最高の野菜といわれてます。

オクラ・ヂカラゆえに、クレオパトラ他の美女たちが、その美貌を維持でき
たのでしょう。(知りませんが)

うーん。
ますます食べねば。と思わせる野菜、オクラでした。



★★★ 美容健康ブログ、更新しました!

rosella-chibi2.jpg

古代エジプト人も大好きだった、ロゼラ(ハイビスカス)ティーとその薬効。

hair removal naturally

夏に向けて、、産毛の永久除毛ケア。

caroriee-chibi.jpg

アーユルヴェーダなアプローチ、その1.
カロリー計算は必要なし! 理想的な体重をキープする鍵は「酵素」。






スポンサーサイト
  1. 2015/06/12(金) 17:25:47|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/736-eac80cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)