オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

夏に食べるといいもの。

暑い日が淡々と続く、
タイはバンコク。。

bangkok-chibi2.jpg

暑さで脳みそがとろけて思考停止状態が続く中、

昨日は真夜中に土砂降り。

一昨日も、真夜中からすごい音の雨が降り始め
朝方まで降っていて、

案の定、道路はいつものごとく、洪水の後。

・・バンコク、水はけ悪すぎ。

あいにく昼間は晴れて水分が蒸発するので
生活に支障はないのですが。

とにかく暑いです。


ところで、暑い国の人々というのは、
年中ほぼ暑いため、どーしても脳みそが動きにくいせいか、
単純で大雑把&脳天気という特徴がありますが、

インド時代はそれにかまけて
脳みそを使わないでいたら(左脳使うの完全放棄)、
脳はどんどん退化し、、

一時期、簡単な暗算をするのも難しくなるぐらいまで
脳ヂカラがイってしまったことがあるので、

タイでは二度と同じ間違いをおかさぬよう、、

日々、頭脳ワークを怠らないようにとマイルドに気をつけているのですが。

・・・脳が暑さで朦朧としていた先日、
ちょっと油断して、

ここ数ヶ月揚げ物禁忌のため、しばらく食べていなかったミスタードーナッツ
の期間限定のミニおやつに手を出してしまいました。
(小っちゃいしこれくらいいーか、みたいな)

その後。
油が悪かったせいか(バリバリ・トランス脂肪?)、
さっそくピッタ悪化の症状(目の奥が熱をともなってズキズキ)が現れ、

暑い季節に質の悪い油(サラダ油、マーガリン、キャノーラなどは最悪なので
手をのばさないのが◎。)で揚げたものは、
特に私のようなピッタ体質にはことごとくヤバイことを
わかっちゃいたけど、体で実感。。

というわけで、もうしばらくは揚げ物は再び控え、
オイル分はヘルシーなナッツ類(ごま、ピーナツ、アーモンドなど)で取ること
に再び脳に念押し。。

夏は気候的にただでさえピッタが悪化しやすい季節なので、
特にピッタと関連がある肝臓のケアをまめにするとグッド。

ということで、胆汁生産を高める食べ物をプチ・リストアップ。↓

緑色葉野菜
セロリ
大根類(生でなく火を通したもの)
ターメリック
アムラ
ビーツ
アーティチョーク、
フェヌグリーク

それと、オクラなどのぬめぬめ系もピッタをなだめてくれるのでよさげです。

ちなみに、ドーナッツ1個食べたら吐き気がする人は、
胆汁が少なくて脂肪を分解できてない状態なので、
この夏は誘惑をなんとか乗り越えましょう。(と自分にいいかせ中)



★★★ 美容健康ブログ、更新しました!

triphala-chibi.jpg

トリファラ洗眼で眼病予防&目ヂカラアップ。

amani-linseed-chibi.jpg

知らなきゃ損なリンシード(亜麻仁)の効能、使い方&注意点。




スポンサーサイト
  1. 2015/06/09(火) 19:07:58|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/735-0eb7161f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)