オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アトピー患部のためのハーブ液。

皮膚疾患にいいハーブはたくさんありますが、
中でもすぐにパッと頭に思い浮かぶのは、、ニーム、ターメリック、
ブラーミでしょうか。

今日は、お客さんの一人からアトピーに関するメールをいただいたと
いうこともあり、
アトピーの痒い患部を洗浄するためにグッドなハーブ液の作り方を
ご紹介しまっす。

名づけて、

ニームとターメリックのアトピー洗浄水。
(名づけるというか、そのまんま)

ニームとターメリック

ニームの葉 or ニームパウダーとターメリックパウダーを
各大さじ2杯ほどを、

ことこと

500ccぐらいの水に入れて、コトコト2分ほど煮ます。

やまぶき汁.JPG

濾して出来上がった山吹色の液。
このハーブ液を患部にするこむようにぬって1分ほど置いた後、
よく流します。

痒みがひどいときは、洗浄回数を増やしましょう。

ちなみにアトピーというもは、基本的に体内の毒素(主に血液中の毒素)
が原因で起こる症状なので、外側のケアもしつつ、体の内側の解毒も必須です。

インドでは、アトピーの人はほとんど見かけませんでしたが、
普段の食事にほとんど化学調味料が使われていないこと、
味付けが自然のスパイスオンリー、特にターメリックはほとんど毎日摂る
という伝統的な食習慣が大いに貢献してるかと思います。

インドで生活する前は、レトルト食品やら加工食品をおいしいと思って
食べてましたが、
インドでほぼ脱ケミな生活を長年していたおかげで、
加工されすぎている食品のまずさ、生命力のなさにはかなり敏感になりました。

でも、生きていくうえでは毒も薬になり、
毒を完全にさけてしまうと、今度は毒に対する抵抗力もなくなってしまう
ので、毒をほどほどにとりつつも、体を健康に保つ。
これが一番ですね。



スポンサーサイト
  1. 2013/04/23(火) 12:24:00|
  2. インドハーブ・肌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キモ系食材。 | ホーム | タイのハーブ育毛剤。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/472-20f27692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。