オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

頑固な体重は、、本当は楽におとせる?

今日は、、
ちょっと専門的でありつつ、
説得力のある「やせるためのヒント」をば。

ストレスがあるときは、どうしても太りやすくなるものですが、
私自身が最近ストレスを抱えていてやせにくいので、
復習がてらに、メルマガ「インド伝統医学に学ぶ、アーユルヴェーダな生活」
の過去ネタをひっぱりだしてみました。

で。
何に対するストレスかというと。

自分が心からやりたいと思っていることに対して、
妨害が入ったり、すぐに始めれる状況ではなかったりする時に
対するストレスです。

一度興味が出てやりたくなってしまったことを、
私は我慢ができません。

かぎりなく忍耐力ゼロ(笑)

でも、人生そう甘くありませんから、我慢しなきゃいけないときは
我慢しなきゃぁいけないもの。

こんなときは、ストレスが溜まってしまわないようにまめに解放しつつも、
ストレス太り対策もしっかりね!ということで、
以下の二記事をご紹介します。

太らないための参考にどうぞ。

アロエはち

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

ストレスがあると、なぜ太る?
---カロリーは犯人じゃない!---

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

あなたにストレスがある時、体重がいつもよりも
簡単に増えるようになることに気づいたことがありますか?

一方、あなたがリラックスしていて、人生がスムーズにいって
いる時、体重のことはそれほど気になりません。

私は、このことに気づきました。
そして実際、バカンスや休暇の間は、普通どおり食べていても、
体重はしばしば減ることに気づきました。

私は最近、ストレスは代謝を変えるという私の仮説を真実だと
認めた友人、デイリーヘルスの医療雑誌の記者と、このことに
ついてジョークを語りました。

彼は、コルチゾール(副腎皮質ホルモンのひとつ)が犯人だと
いいました。

ストレスに対する私たちの基本的な生理反応である攻撃・逃避
反応(ストレスのかかる事態に対処するための自律神経系の働
き)シンドロームは、血糖インシュリンの影響を調節する副腎
がこのホルモンを生産する原因になります。

ストレスが継続すると、貧弱な食生活と結びついたときは特に、
組織の平均的な能力を超える重い仕事が組織へのしかかり、
負担を強います。

体は、エネルギーが必要になると考え、それをためこむことに
よって、闘うか逃げるかの準備をします。

コルチゾールの不規則性はまた、血糖のバランスへも影響を及
ぼします。

これらの大部分は、老化やストレス持続、不十分なコレステロ
ールの蓄え、食事のアンバランスが原因となっています。

コルチゾールのレベルは普通、朝に上がり(ピークは朝7時頃)、
そして夕方に下がります。

もしあなたが、思春期の子供のことや社交行事のこと、銀行残
高のことなどの心配事以外の何物でもない理由で、
規則的に真夜中に目が覚めるなら、注意を払う必要があります。

ドクターであるこの友人は、「これはもしかしたら、あなたの
副腎が「起きなさい!」と言っているのかもしれない。あなた
のあなたのインシュリン/コルチゾール/血糖のバランスに異
常がある」と言っています。


■<バランスを取り戻す>

あなたの体が、血糖値を適切に処理できていないとき、血糖値
は両極端にゆれます。

・低血糖症

低血糖症の一般的な兆候は、不安、発汗、飢餓感、ふるえ、頭
痛、手などがじとっとして冷たい、心臓の動悸などが含まれます。

深刻なケースでは、上記のような症状が発展して、混乱、発作、
気絶、意識不明、そして死ぬことさえあります。

・高血糖症

高血糖症の一般的な兆候は、飢餓感、のどの渇き、頻尿、疲労
または過度の疲れ、目のかすみ、理由のわからない体重減少な
どが含まれます。

もし、これらいずれかひとつのカテゴリーに当てはまるなら、
特に、いくつかの兆候に該当するなら、医者に血液と尿の検査を
してもらってください。
これらの検査は、あなたが危険な段階に入ろうとしているかどう
かを調べることができます。

幸いなことに、これはまだ、あなたが深刻な病気を防ぐことがで
きる段階で、インシュリン耐性はしばしば、完全に元へ戻すこと
ができる段階です。

適量のクロミウムを確実にとってください。
このミネラル分は、効率的なインシュリン機能や、炭水化物、脂
肪、タンパク質の代謝に不可欠です。

クロミウムは、インシュリンとコルチゾールのバランスを保つ助
けとなります。
ビール酵母は、最もすぐれているもののひとつですが、腸のガス
や吐き気の原因になることがあるので、牛肉、レバー、卵、鶏肉、
オイスター、小麦胚芽、リンゴ、バナナ、ほうれん草のような食
品からとるのがよりよいでしょう。

肝臓を大事にしてください。
肝臓機能を最大限に維持すると、一時的に不足したときに、肝臓
は血流へ蓄えのブドウ糖を供給して血糖のバランス維持を助けます。

上に紹介した役立つ戦略法に加えて、肝臓の胆汁からゴミを除去
するのに効果的なひとつの繊維サプリメント・グルコマンナンの
ようなサプリメントを使うのもよいでしょう。

医者である友人はしばしば、この繊維サプリメントを、昼食と夕食
の30分前にグラス1杯の水でとるように患者へ処方しています。

ビタミンBをたらふく食べてください。
この友人によれば、一日に必要な最低限のビタミンBは、最大限の
消化活動には十分ではないため、彼の患者には、ビタミンBが多く
含まれているものを一日2回食べるようにいいます。

また、たくさんの人々は、ビタミンB12の機能欠如性(他のビタミンB
の機能や無数の生理的過程を損なうこと)であることがあるため、
あなたのビタミンB12のレベルを専門医に調べてもらうとよいでし
ょう。

食物繊維をたくさん食べてください。
繊維は、ものが効率よく消化管をスムーズに通ることを助けます。

食物繊維は、内臓の細菌叢の健康を促進し、過度の胆汁酸を体の
外へ運搬します。

繊維が豊富な食事は、血糖の安定を助けます。

繊維が多く含まれている食品は、蒸し野菜、熟した果物、豆類、
黒豆、大麦、ひよこ豆、玄米、オートミール、全粒パンなどです。

白いパン、パスタ、クッキー、キャンディーや他の菓子類などの
ような精製された食品はさけてください。

繊維が豊富な食品の他の利点は、消化管の中でゆっくりと砕かれ
るため、空腹をより効果的に満たすことです。

それにひきかえ、精製砂糖や加工食品は、血糖が簡単に早くあがり、
その後エネルギーがクラッシュし、あなたに甘いものへの渇望感を
残します。

***

これはいつもいっていることですが、
目的は、糖尿や心臓病のような大きな病気の進行を、
初期段階に認識する事によって防ぐ事です。

血糖は、細心の注意を払うためのひとつの表示器です。
その報酬は、あなたのよりよい健康となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フローライト


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇■■◇◇

頑固な体重は、本当は楽におとせる。というお話。

◇◇■■◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

休日は、楽しみ、感謝し、あなたの隣人を愛する時間であり、
休日に体重がいくらか増えるのは事実です。

私は、冬の時期には、体重が2.5kgほど増えることを許します。
なぜなら冬は休日の時期で、寒さから身を守るために自然に体に
脂肪がつきやすくなる時期でもあるからです。

ちょうど、冬にナッツ類をたくさん食べて寒さと乾燥した気候か
ら自分を守ろうとするリスのように、
私たちもまた、冬のための薬である食べ物を楽しむべきなのです。


<減量は、腸内からはじまる>---------------------------------------

冬の乾燥の影響によって、腸内の粘膜や鼻の穴が乾きあがると、
それらは細菌の温床となる過度の粘液を敏感に生み出すようになります。

冬の健康と風邪予防は、私たちの腸粘膜と呼吸粘膜の質によって左右さ
れます。

私たちは、自然がもたらす冬の戦略法を理解することが極めて大事です。
なぜなら、私たちの免疫の70%から80%は、腸内にあるからです。

小腸の中にある 腸絨毛と乳糜管は、消化系と免疫系の健康的な機能の中
で、欠くことのできない役割を担っています。

伸びると指のような形になる腸絨毛は、だいたいテニスコートほどのサ
イズがあり、栄養分、ビタミン類、ミネラル類を吸収し、毒素を除去す
るキープレーヤーです。

腸絨毛や乳糜管がもし、正常機能しないなら(これが、太る隠れた理由
のひとつでもあります)、栄養欠乏になります。


<毒素はあなたを太らせ、それを保持してしまうようになる>-----------

腸絨毛と乳糜管に障害が起こると、私たちの体は、ガンの原因や病気を
生み出す脂溶性の毒素を加工できなくなります。

これらの毒素には、重金属、殺虫剤、環境汚染物、保存料、プラスチック、
寄生虫などがあります。

これらの脂溶性毒素は、胆汁によって分解され、腸絨毛と乳糜管によって
吸い上げられます。

乳糜管はこれらの毒素を、リンパ節の中の白血球によってさらに分解され
るために、腸内に繋がったリンパ系の中へ運び込みます。

もしこのプロセスが混雑したなら、腸内は腫れ、腹部膨満と腹部の脂肪の
原因となります。

脚、ヒップ、骨盤のリンパは、腸内に繋がったリンパ系を通して流出しま
す。
もしそれが適切に機能しないならば、少しばかり例を挙げただけでも、
セルライトやヒップの周りの余分な脂肪、便秘、そして生殖関連の不調を
経験することになります。

腸絨毛と乳糜管に障害が起こると、問題は悪化するばかりになります。

毒素は小腸の末端にたどり着き、肝臓によって再び吸収されます。

肝臓は圧倒され、胆汁は濃くなり、脂肪は分解されず、胃酸はほどほどの
胆汁の流れによって中和されることもなく、消化酵素は適切な消化をサポ
ートできなくなります。

結果として、消化は失速し、肝臓は毒性脂肪を脂肪と脳細胞の中に放りな
げ、病気のプロセスがはじまることになります。


<減量には、バランスのとれた血糖が必要>-----------------------------

どの減量プランにおいても、鍵となることは、体が脂肪を燃焼する能力を
確実にすることです。

これは、なにも私たちが減量するためだけの理由からではありません。

そもそも脂肪は、体のための最も貴重な燃料の源であり、緊急を要さない
静止した燃料です。

脂肪は、ゆっくりと安定して燃えます。
だから脂肪は、すぐに燃え尽きてしまう糖分とは違い、何時間も立て続け
にエネルギーを供給します。

糖質や炭水化物による燃料は、しばしば崩壊するような早く燃え尽きる
エネルギーを供給するにとどまります。

脂肪は、私たちのストレスから生じる過度の酸を中和することはもちろん、
解毒するための燃料のひとつです。

問題なのは、私たちの多くは、脂肪を効果的に燃やす能力を失い、慢性的
に脂肪を蓄えて太ることです。


<間食と軽食ばかり食べると脂肪代謝が妨げられる>--------------------

私たちの文化は、一日に小さな食事をたくさんとると気分が安定し、体重
が減る、より優れた方法でもあると私たちにいいます。

もしあなたが低血糖症で、不安定な血糖なら、これは一時的に症状を覆い
隠すだけです。

一日6食食べることで、血糖の安定を長持ちさせることは絶対にできません。
なぜなら、体は2、3時間置きに食物を与えられることに頼ってしまうよう
になるからです。

もし、食事がひとつ抜けようものなら、血糖は再びクラッシュしてしまいま
す。

私たちがもし、体に脂肪を燃やしてもらいたいなら、私たちは体がそうなる
ような理由を体に与えなければなりません。

もし体が、2、3時間置きに食べ物がもらえるとしてら、どうしてわざわざ
貯蔵された脂肪を燃やそうとなどするでしょう?

私たちが頻繁に食べれば、体はもらいたての食べ物を燃やし、貯蔵された
脂肪を燃やすモチベーションをもつことはありません。


<脂肪の燃やし方>----------------------------------------------------

朝食を食べ、昼食の時間になるまで一切何も食べず、その次に、夕食になる
まで何も食べず、翌朝朝食の時間になるまで何も食べない。

これは、食間における自然の断食を供給することになり、脂肪代謝を助長し
ます。

もしあなたが、朝食と昼食の間に、ニンジンのような健康的な間食をとれば、
あなたの体はニンジンを燃やしますが、貯蔵されたどんな脂肪も燃やすこと
はありません。

もし、朝食と昼食の間に何もとらなければ、体は貯蔵された脂肪を燃やすよ
うにと仕向けられ、血糖のクラッシュなしであなたを昼食に向かわせます。

昔は、人々は夕食を午後5時か6時ごろにとったものです。
そして、次の日の朝の7時ごろにとる朝食の時間まで、何も食べませんでし
た。

13時間、食べ物なしで過ごすことは普通でした。
そして、毎朝の朝食で、その断食をやぶりました。

これは、世界中で何千年もの間実行されてきた伝統です。

人間は、今の今まで、これほどまでに脂肪を蓄えることはまったくありませ
んでした。
私たちは、きちんとした食事をとることは、私たちにとって不都合になった
ので、この何千年にも渡る伝統を変えることにしたのです。

血糖値を調整するという名のもとに、私たちは実際は、問題をもっと悪化さ
せています。
一日6回食べ物を食べるようになってから2、30年後の今、私たちの血糖値
は前よりも不安定になっています。

もちろん、はじめ人々は、気分がよく感じます。
しかし、その後すぐに、血糖の問題は悪化します。
いま人々は、食後2、3時間後で、食べ物への飢餓感を感じています。

もし、私たちが生き延びるために、2、3時間おきに食べ物が必要なら、
人類は簡単に死滅します。
この食べ方は、ただたんに、持続できないのです。

私は2000年に、私が書いた本「季節の食事を一日三回(スリーリーズンダ
イエット)」の基盤となった調査研究を行いました。

私たち研究グループは、一日三回食べ、間食をしないグループを設定し、
そのグループの人たちの体重の変化と心理的要因を計測しました。

二週間以内に、彼らの鬱傾向、不安、食べ物への渇望、睡眠、仕事後の消
耗具合、そして疲れがすべて、著しく改善しました。

二ヶ月間の研究で、彼らは一週間につき、平均600gの体重を失いました。


<減量することはそもそも、苦闘ではない>------------------------------

あなたがあなた自身を酷使すればするほど、飢えさせれば飢えさせるほど、
体は減量プログラムのことをもっと感知し、脂肪を緊急に貯めなければい
けないと認識します。

体を、自然に脂肪を燃やすように仕向けるには、あなたが体に、戦争は終
わっていることを説得する必要があります。

私たちは、体が脂肪を自然にそして努力なしに燃やすことを促進すること
によってそれを行います。


■■■ 簡単な減量プログラム■■■

永久に減量するために、次の簡単な4つのステップにしたがってください。


◎ステップ1:
毎日、間食は一切なしで、良質でかつ健康的で、満足感のある食事を、
一日三回とってください。

はじめからこれを実行することが難しい場合は、はじめは一日4食か
らスタートし、最後には一日3食になるようにしてください。

!注意!)一日4食から3食に変えることが難しい場合は、あなたは
おそらく、より深刻な血糖アンバランスを抱えているかもしれません。


ステップ1が、簡単に実行できるようになってからのみ、次のステッ
プ2に進んでください。


◎ステップ2:
夕食を、スープや野菜サラダだけにするなど、少なくしてください。

これが苦なくできるようになってからはじめて、ステップ3に進んで
ください。


◎ステップ3:
夕食を早めにとってください。6時前には、夕食を済ませてください。

これが苦なくできるようになってからはじめて、ステップ4に進んで
ください。


◎ステップ4:
一週間のうち、3回から7回は、夕食をぬいてください。
そして、食事と食事の間に、かなりの量のお湯を飲んでください。

寝る前に、ハーブティーに生のハチミツを入れて飲むことを楽しんで
ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


スポンサーサイト
  1. 2013/04/07(日) 13:19:49|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャンペーンのお知らせです。 | ホーム | 本日の美白汁。じゃがいも+ニーム+ベサン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/460-902c3516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)