オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

ギー(精製バターオイル)の作り方。

乳臭さを毛嫌いし、食べてもいーけどお肌にはちょっと、、
と、肌に使うのが疎遠になっていたギー。

冷蔵庫の中で完全に眠っていたギー(ちなみにギーは常温保存できるので、
冷蔵保存する必要はありません)でしたが、インド料理作りのために再び活躍
すべく、再び目の前に現れたのをきっかけに、

たまには使ってみるのもいーかもね。という気分になり、

ついついシャワーを浴びずに眠ってしまい、丸々二日分の垢がついた体を、
アムラ+ブラーミ入りのギーで丹念にマッサージしてから、ベサンペーストで
落とし、一晩眠てみると。。

オーマイガ。

その翌朝、なんか、お肌があきらかに白くなったような、、、
(溜まってた垢がごっそり取れただけ?)

肌の色だけでなく、しっとり感と潤いが増しているではありませんか。

ギー・ジカラ、恐るべし。

そもそもギーは、保湿力、肌のシワ予防やシワ取りにとてもいいオイルのひとつ。

(インドでは、ギーを100回水洗いしてじっくりゆっくり乳化させた、
シャタドゥルタ・グリタと呼ばれているアーユルヴェーダの白いクリームが有名です。)
乳クサかろうがなんだろうが、やっぱりギーの効果はアメージングなことを
実感してしまったので、、

今日は、ギーの作り方&ギーを使った美白マッサージオイルをご紹介します。
シワ取りシミとり保湿に最適!

***

まず用意するのは、、

むえんばたー

無塩バター。オーガニックのものであればなお◎。

とかす

底の厚いフライパン or 鍋に入れて、弱火~中火で加熱します。

フツフツ

とうめい

泡が出つくして、水分が完全にとび、こんがりクッキー匂がしはじめてくるころ
には、オイルは透明なゴールデンカラーになってます。
こうなったら出来上がり。

ぎー

濾し器やガーゼで濾して、ある程度冷ました後にガラス製のボトルか容器に
入れます。(常温保存でOK)

あむらぶらーみぎー

このギーをそのままマッサージに使う場合は、
アムラとブラーミを各大さじ1~2杯入れ、

たらり

チョコレート色になったギーで全身マッサージしてください。

マッサージ後は、肌にギーをさらによく浸透させつつ、余分なオイル分を
落とす感じで、やや熱めのお湯を全身にふりかけた後、
ベサンペーストで体をパックし、オイル分をしっかり流しましょう。

***

これでゴージャスなお肌になること、間違いなしです。
(但し、乳臭さが苦手な方にはあまりおすすめではありません)


スポンサーサイト
  1. 2013/01/01(火) 21:56:36|
  2. インドハーブ・肌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日のボディスクラブ、by あずき。 | ホーム | 新年インド料理。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/386-9f9c351a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)