オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

ヘナ染め質問、回答。

りんさまから、
「ヘナでできるだけ明るく(赤やオレンジ )するには
どうしたらよいですか」
とのご質問コメントをいただいたので、
ここでご紹介します。

インディゴで暗く染めた状態から、
いかにオレンジ色にするか、とのことですが。

まずは、普通のインディゴでしたら一週間くらいで色が落ち始めるので、
ある程度インディゴを落としてからヘナることをおすすめします。

その後、ヘナ染めするときのヘナに、ターメリックを入れたり、カモミー
ルの濃い液を使うなんてのも手だと思います。
レモン汁を多めに加えてもよいですね。

ところで、
インディゴを一度使ったら髪が真っ黒になったということですが、
それは本物のインディゴかどうか確かめてみる必要があるかもしれ
ません。

というのは、インディゴでヘナ独特の赤オレンジ色の仕上がりを
濃いめの茶色にすることはできますが、
「真っ黒」にはならないからです。

もしもそのお使いのインディゴで髪が「真っ黒」になり、
一週間から二週間経っても髪が「真っ黒」なままなら、
それはインディゴに何かが混ざっているか、またはインディゴという
名の別物かを疑った方がよさそうです。

***

本物のヘナ(というのは、日本ではヘナとは名ばかりのなんちゃって
ヘナがかなり出回っているとのことなので)をしたことがある方なら
ご存知かと思いますが、

ヘナの仕上がりの色は、髪の状態によっても違ってきます。

白髪にヘナをするとダイレクトに赤オレンジ色になります。
その赤オレンジ色を少しでも暗めに落ち着けたい場合は、インディゴを
使います。

また、髪がいたんで茶色になっている人、髪を明るい色に染めている人が
ヘナをすると、基本、赤オレンジ系になります。

髪の色がもともと黒い人は、ヘナをしたからといってダイレクトに
赤オレンジ色にはなりませんが、
電気の光や太陽の光があたると、赤オレンジっぽい光沢がでます。

黒髪でも、髪質によってヘナの入り具合は違ってきますので、
黒髪でも髪が細かったり痛んでいる場合は、ヘナの赤オレンジ色がよく入り
ます。
逆に黒髪でも、髪が太くて丈夫な人は、ほとんど色は変わりません。

ヘナに興味がありつつ、まだヘナ染をしたことがない方のために、
ちょっとおさらいでした。

ヘナは頭皮改善効果や髪のコシ出し&ハリだし、フケ、抜け毛予防、白髪
予防効果などなど、頭皮と髪にうれしい効果がたくさんあるので、
髪の悩みがある方で今までヘナったことがない方は、ぜひお試しくださいね。

なお、
ヘナは、ピュアなものを使わないと意味がありません。
ヘナといいつつ、色のサンプルがたくさんあるようなもの(例:栗色、黒、
など)は、化学染毛剤が混ぜられていることを疑ってください。

髪長おねえ


スポンサーサイト
  1. 2012/12/20(木) 20:43:02|
  2. インドハーブ・髪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日のヘナ。ミカンの皮+牛乳 | ホーム | 謎の粉末。アメージング、インド製。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/379-fac5df05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)