オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

本物のハチミツの見分け方。

なんやかんやでブログの更新がしばらくできてませんでしたが、、
今日はひとつ、ハチミツの話をば。

はちみつ

実は私、心臓が敏感?ということもあってか、
砂糖仕込みの偽物ハチミツを食べると、食べた直後にわりと心臓が
反応するのでわかります。

インドで本物の生のハチミツのよさを実感(味や食べた直後の体の
反応)してから、
小学生の頃、給食によく出てきたハチミツは、なんちゃってハチミツ
だったことがしみじみ分かったものですが、

ハチミツの種類は本当に多く、一体どれが本物のハチミツなのか
を見分けるのが大変ですね。

タイでも、幸い良質の生のハチミツに出会えたので、
いいものはぜひ皆さんにも。ということで、
今後サマサティで扱っていく予定ですが、

以前、有料メルマガ『インド伝統医学に学ぶ、アーユルヴェーダな生活』
で紹介した、インド風・本物のハチミツの見分け方をご紹介します。

*******

・純粋なハチミツを見分けるテスト

ハチミツを他国から輸入する国々によって考案された、
ハチミツの検査方法はとてもたくさんあります。

それほど道具が要らずに個人でも実行できる検査法は、
あまりありません。

たくさんの人々が100%純粋なハチミツをのぞんでいるのにも
かかわらず、今日、純粋でないハチミツが市場では一般的に
なっています。

この問題は、不幸なことに、純粋でない偽物のハチミツが、
「純粋」としていとも簡単に検査が通るからです。

棚をながめるとき、どれが純粋でどれが純粋でないのか選び
出すのはとても困難です。

しかしながら、本物を見つけ出す2、3の方法があります。

純粋なハチミツの中の栄養分(糖質)のひとつは、冷たい天
候のもとにさらされると沈殿し凝結します。

この沈殿物は、砂糖結晶のように現れます。
本物のハチミツは、糖質が多く、より早く沈殿凝結します。

たいていの場合、これは、粗悪品と勘違いされます。

しかし、もしその沈殿したハチミツをある容器の中に入れ、
次にお湯の中へ入れて置くと、通常の液状になるなら、それ
は粗悪品でないことを示しています。

糸芯に純粋なハチミツをちょっと浸し、1本のマッチ棒で火
をつけた時に燃えるなら、それはハチミツの純粋さを示します。

もしそのハチミツが混ぜ物なら、水分があるためハチミツが燃
えることはなく、もしハチミツが純粋なら、パチパチ音が生じ
ます。

あなたは糸芯のあるロウソクでこのテストを実行するかもしれ
ません。

少量のハチミツの中に糸芯をほんの少しつけて、マッチ棒で火
をつけます。

もし燃えないなら、ハチミツ中の水分が糸芯を燃えないように
しています。
(もし糸芯に、とても少しの量のハチミツしかついていない
としても、燃えます。燃えて、パチパチ音がします。糸芯の火
を一度消し、今度はハチミツを多めにつけて再び燃やしてみる
のがベストです。)

たいていの場合ハチミツは、ジャグリーシュガーのシロップを
加えられることによって質が落ちています。

純粋なハチミツは水に溶けませんが、混ぜ物されたハチミツは
溶けます。

ですから、スプーン1杯のハチミツをカップ1杯の水の中へ入
れてかき混ぜ、ハチミツが溶けるかどうか見て、そのハチミツ
の純度をテストします。

もしそのハチミツが純粋なら、一緒にくっつきあい、固形の固
まりとなってグラスの底に沈みます。

このテストはまた、ハチミツと変性アルコール(工業用アルコ
ール)を同量混ぜ合わせることによって完結させることができ
ます。

純粋なハチミツは、底へ沈んで落ち着きます。
混ぜ物された不純なハチミツは、溶けたままにとどまり、
溶液が白く濁りがちになります。

他の簡単なテストは、吸い取り紙の上に2、3滴のハチミツを
落とすことです。そして、ハチミツが吸収されるかどうかを観
察します。

もし吸収されるなら、そのハチミツは純粋ではありません。

吸い取り紙がないなら、白い布の上にハチミツを少し注いでか
ら、洗ってください。

もし、そのハチミツによってシミが少しでも残るようなら、
おそらくそれは純粋なハチミツではありません。

結晶化するもの、粒状になるハチミツはいつも、純粋です。

もし、あなたが買ったハチミツが純粋かどうかを確信したいな
ら、もっとも信頼できる方法があります。

簡単に見えますが実行することが難しいテストのひとつは、
フライパンの中に入れたハチミツの表面を、一匹のアリに
歩かせることです。

純粋なハチミツには十分な粘度があるので、
アリは端から端までなんの困難もなく歩けます。

ハチミツ少量を舌の上にのせると、唾液の中で徐々に溶けてい
きますが、最後に舌に残る味は、苦くなければなりません。

オーガニックの花やミネラル分が豊富な土壌で育った植物から
蜂によって集められたハチミツは、より糖分があります。

一方、近頃は、土壌のミネラル分の枯渇が原因で、果物類や野
菜類の糖分が減り、ハチミツ中の糖分含有量も減っています。

***

(有料メルマガ『インド伝統医学に学ぶ、アーユルヴェーダな生活』
142号より抜粋)


スポンサーサイト
  1. 2012/08/06(月) 23:54:53|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バタフライピー、新発売です! | ホーム | ティルタイラ1リットル、新発売です!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/344-7dc94e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)