オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

謎:「暑い国の食べ物はなぜ辛い?」

タイの洪水被害に備えて、タイ製インスタント麺系を保存食として
たっぷり買い込み、もともとインスタント麺好きということもあって、

はるさめ系、ライスヌードル系、ビーフン系、ふつうのラーメン系
など、麺の種類が豊富なタイのヌードルにすっかりなじみ、

ほぼ毎日、朝ごはんにこういった汁物をすするというのが定着しつつ
ある今日このごろですが、

タイのインスタントめん

種類が豊富なタイのインスタント麺

たまたま最近まとめ買いしたインスタントはるさめと、平べったい
ライスヌードルがどっちも辛いスープで、
辛いものはなるべくさけた方がいい体質なもんで、作ってしまって
から「ああ、はずれた・・」とがっかり。このときふと、

暑い国の食べ物って、なんで辛いもんが多いの?

と、素朴な疑問がわきました。

インドしかり、タイしかり、インドネシアしかり、
インスタント麺でも、いちいちおまけチリパウダーがついてるし。

ただでさえ暑い国なのに、辛い料理食べたら余計熱くなりますやん。

チリ

一瞬話変わりますが、
自然というものはすごいもんで、その土地、その季節に合った食べ物
が実り、大昔の人のように、その土地の自然が与えてくれるものを
旬の時期に食べていさえすれば、めったに病気にはならないといわれ
てます。

なので、その土地でとれる食べ物は、その土地で健康的に暮らすため
の薬のようなもんです。

タイやインドでは、チリは一年中収穫され、普段の料理になくてはな
らないスパイスのひとつとなってるということは、

チリは、暑い国で健康に過ごすためには必要なものだから、ということ
になります。

暑いからどうしてもボーっとしてしまいがちになるから、
チリでも食べてシャキーンとしなさいよ。という自然からのメッセージ
なのか、、

それともチリには、ただ辛い以外に、暑い国に住む人たちが健康に暮ら
せるため特殊な有効成分が入ってるのだろうか。。。

後者の方が、納得いきます。

なぜなら、インド伝統医学のアーユルヴェーダでは、「暑い時に熱い
(辛い)もの、寒いときに冷たいものはご法度」とされ、

実際、体がもともと熱い体質の私のような人間が、暑い国に住んで
辛いものを食べたら、すぐ体壊します。(これは何度も経験ずみなの
で、普段は辛いものは極力さけてます。辛いものは基本的に好きなの
で、たまに誘惑に負けますが・・)

日本のように四季がある国なら、寒い冬は辛い鍋で体を温める、とか、
寒い地方の人々は、寒いゆえに酒好き。というのはわかりますが、
暑い国でなぜチリ?しかも強烈な、火をはきそうな辛さが好まれるの
は、why?

いまだに謎です。



スポンサーサイト
  1. 2011/11/18(金) 22:49:41|
  2. タイな日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ココナッツオイル+レモン=抜け毛予防オイル。 | ホーム | アムラティーで目のケア。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/253-ab35d817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)