オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

卵の黄身で、ゴージャス髪。

ちょっと前にも書きましたが、「髪ケアはもっぱらオイル」を
ほぼ日課としている私ですが、
相変わらずベサンは手に入らず。。

で、ベサンが手に入るまでは、オイル美容ができやしないじゃないの。
ということで、
ノンオイルの髪&肌ケアを最近いろいろ研究しつつ、
偶然次回の有料メルマガのためのネタを訳していてふと気づいたのが、

卵。

たまご三個

オイルばっかりに気をとられてましたが、
そういえばインドの美髪ギャルたちの髪ケアは、卵なしでは語れないこ
とを思い出しました。

セサミオイル、ココナッツオイル、ヘナ、そして卵。

こういった自然のもので、彼女たちは自慢の美髪をケアし、
ハンサムなハズバンドを手に入れるわよっ!と思っているかどうかは
わかりませんが、とにかくインドでは、髪がきれいなことが美人の条件
なので、インドのギャルたちは髪ケアを決しておこたりません。

ヘナよりも落とすのが簡単で、同じようなトリートメント効果、いや、
それ以上の効果が期待できる、卵トリートメント。

考えてみれば、髪の構成成分であるタンパク質をそのままを頭にぬる、
卵トリートメントは、とても理にかなっていて髪にいいことづくし。

で、用意するものは卵だけというシンプルさ。

ひとつ難点なのが、、
卵の匂いが頭にくっついてなかなかとれなくなること。

特にインドの卵は匂いも強烈ですが、
得れる効果を考えれば、インドギャルたちはちょっとやそっとの匂いは
気にしやしません。

ところで私の今いるタイのバンコクでは、
まったく卵特有の生臭さがない卵が簡単に手に入ります。
さすが都会です。

エスピュア

私がよく気に入って食べてる卵は、S-Pure という種類のもの。

ベサンがなかなか手に入らない今、
こんないいものを利用しない手はないじゃぁないの!

ということで、今日は、
卵でゴージャス髪をゲットするわよ~っ!の巻き。

***

黄身

まず用意するのは、卵の黄身3個分ほど。
髪が多くて長い人は、5個くらいは必要。

卵全部(白身&黄身の両方)を使う方法もありますが、
今回は、黄身のみでトリートメントする方法です。


黄身をつぶして

卵の黄身だけを取り出して、
つぶし、、


まぜまぜ後

ひたすら泡だて器で混ぜ混ぜします。
黄身の色が白っぽく、滑らかになってきたら、頭皮と髪に
まんべんなく塗って、30分置きます。


その後はぬるま湯でよく流すだけです。

黄身の混ぜ方が足りないと、髪にぬりにくいのでご注意!



スポンサーサイト
  1. 2011/10/12(水) 20:09:14|
  2. インドハーブ・髪