オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マンゴーとドラムスティック。

今日はゆっくりモード(いつも?)で、
朝から近所のデカスーパーへ野菜の買出しへ。

今日はわりと新鮮な野菜や果物、とくに今旬のマンゴー類がズラリと
ならんでました。

さすが、インドのマンゴーは種類がたくさん。

数あるインドのマンゴーの中でも、
ダントツお気に入りマンゴー・ナンバーワンは、コレ。

バダムまんごー

バダム・マンゴー。

このマンゴーは、どちらかというとかなり値段が安い部類の、庶民的なマンゴー
のひとつなんですが、今まで食べたマンゴーの中で一番ジューシーで味も
甘さがくどくなり、サラッとした感じ。

きりたてマンゴー

これから食べますよ、の図。


昔、インド人の知りあいに、「私の一番好きなマンゴーはコレ!」と
このマンゴーを指さすと、
「ああ、これはプアピープル(貧しい人たち)がよく食べるマンゴーだよ」と
興味なさげに流されました。(笑)


ところで、今日は、わりと新鮮だったドラムスティック(モリンガ。インドの
野菜)を見つけたのでゲットしてみました。
写真、とり忘れてしまいましたが。。

この野菜は、日本にはない野菜ですが、インドやアフリカでよく食べられていて、
文字通りドラムスティックを巨大にしたような棒状の野菜。
木にブラブラとぶらさがって実ります。

インドでは貧しい人しかあまり食べないという地味な野菜ですが、
実は栄養満点!

この野菜を普段から食べるようにすると、体にたくさんの栄養分がたっぷりと
補給されるので、病気知らずな体になれると、どこかのアーユルヴェーダの医師
が常食をすすめてました。

ちなみにアフリカでは、食料不足だった時期にこの野菜の葉や実を食べて
しのいだのだとか。

というわけで、

今日は夏バテお疲れ気味の体に栄養をたっぷり!
ドラムスティックを使って野菜料理をつくってみました。

ドラムスティックさぶじ

ディル(日本名はウイキョウ?)の葉っぱと組み合わせて、鉄分たっぷりの
ヘルシーおかず。


スポンサーサイト
  1. 2011/05/07(土) 18:45:44|
  2. インドな日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生理の前には、メティ(フェヌグリーク)のもやしがグッド? | ホーム | アーユルヴェーダの不眠薬。その2。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/124-dc0c48f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。