オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

ニンジンはすごい。~今日もソムタム~

手軽に手に入り、体にいいとは思いながらも、
特徴のない味なのでいつのまにか食べるのを忘れてしまう野菜。

それがニンジン。

だいぶ以前にたしか、このブログでも
ニンジンを食べるとなんだか腸が元気になるような感じがする
と書いたことがありましたが、

インドで暮らしてると、ついついとるのを忘れてしまいがちな
自然で生の酵素(私はひそかにこれを、ヤングフォーエバーの薬
だと思ってます)を、最近暑くなってきたことと関係して
毎日まめにとるようにしてます。

だってぇ。
体が資本ですもの。

自然で体によさげな酵素としては、タンパク質の分解を助けて
くれる青パパイヤの白い汁。

ニンジン、青パパイヤとくれば、やっぱりソムタムしかないでしょ。

ということで、
今日もソムタムを作って食べるべく、

ニンジン、青パパイヤを千切り。

青ぱぱいやにんじん

ちなみにパパイヤは、アーユルヴェーダでいうところの「火」質が
強いので、ピッタが強い人は食べすぎに注意!なんだそうです。

でもソムタムの場合は、パームシュガーとかジャグリーシュガー
(未精製さとうきび)という甘い味を組み合わせるので、
バランスがとてもよろしい食べ物かと思います。

あと、ニンジンてアーユルヴェーダ的にはどうなんでしょ?

ちょっと調べてみました。

***

甘味があり栄養があって消化が簡単。
繊維をたっぷり含んでる。赤ちゃんや病み上がりにいい。

ニンジンのベータカロチンは、小腸内でビタミンAに変わる。

ビタミンAはピッタ(火質)を緩和し、視力を改善する。

ニンジンは肝臓内の高ヴァータ状態(空気質が過度)に理想的な食べ物。

***

にゃるほど。


スポンサーサイト
  1. 2011/03/25(金) 18:12:24|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビーツでソムタム。 | ホーム | 腰湯。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aneeshasamasati.blog136.fc2.com/tb.php/107-02543f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)