オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

料理用(無臭)ココナッツオイル、使わない派。

健康オイルとしての
ココナッツオイル人気が高まり、、

何気ない会話の中でも
よくココナッツオイルの話題が出てきたり、
スーパーのココナッツオイル棚がいつになく、
妙にグレードアップしている感があるここ最近。。

私自身、ココナッツオイルはマイお気に入りオイルのひとつということもあり、
インド時代から愛用し、特にタイにやってきてからはココナッツ・ラブ度がさらに高まり、
なにかとエクストラヴァージンココナッツオイルの虜なのですが。

どうも、
どうしても、、
まるで使う気が起きない&それどころか、気持ち悪ささえ感じてしまう、

料理用の無臭ココナッツオイル。

cookingcoco.jpg
by もらい物。


無臭のココナッツオイルだと?

私の中の野生児or原始人並な勘が、
どーしてもこの「料理用ココナッツオイル」なるものに、
拒絶反応をしめすのでした。
だいたい、この系のオイルを見かけるようになったのは、ほんの最近。

なので、私はココナッツオイルを料理やお菓子づくりに使う時は必ず、
無臭加工されていない、ほんのり甘いココナッツの香りのついた普通のココナッツ
オイルを使います。

一度、普通のココナッツオイルで天ぷらを揚げてみたら、
天ぷらソースとココナッツオイルの甘い風味のコンビネーションが
どうもミスマッチで、完食無理で材料を無駄にしてしまったこともあるので、
匂いが無いほうがいいのは、わからないでもなし。

が。
どーしても無臭版には、手が伸びない。

Why 拒絶反応が出るのか。

その理由は、

自然のココナッツオイルの匂いを知ってるだけに、
まずその匂いのなさという不自然さ。
匂いのなさ具合を達成するために、どんな加工が施されているのか、、
そして、その加工をされることで
本来のココナッツオイルの栄養分や薬効がどれほど壊れてしまってる状態なのか。

どうも匂いを嗅ぐ限り、
体によさげなオイルとは思えないのでした。

そして。

無臭加工したココナッツオイルは、なぜ通常のココナッツオイルよりも
うそ臭いほどに安いのか。。(無臭加工したココナッツオイルは、通常のココナッ
ツオイルの、1/3から1/4の値段!)

この安さも、かなり胡散臭い。

通常のクオリティのココナッツオイルから匂いを取るだけなら、
こんなに安くなる理由が、謎。

もしも通常のココナッツオイルと変わらないような値段で出回っているなら、
それほど疑問も沸かなかったかも。・・1/3から1/4の値段って、あーた。

もとの原料は、真面目なココナッツオイルを使ってるのだろうか?

どうも、胡散臭さがぬぐえないのでした。

なので、ココナッツオイルを食用に使うなら、フツーの匂いあり版か
エクストラバージンココナッツオイル、オンリーです。

ほんのり甘い香りのあるココナッツオイルをお菓子作りに使うと、
南国な風味になっておいしい&特にバナナ焼くのに最高!

なにわともあれ、
わたしゃ、まがい物には騙されんぞ!(笑)

そのうち、マイペースor亀ペースで
無臭ココナッツオイルの謎を追跡したいと思います。





スポンサーサイト
  1. 2015/03/30(月) 17:39:30|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
次のページ