オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

ヘナ仕込み。~インディゴなしで髪を黒くする~

今日は久しぶりにヘナねたです。

ヘナ染めといえば、単体だけで染めようとすると髪が赤オレンジ系になるのが普通ですが、
ヘナで染めつつ、髪の仕上がりをできるだけ暗めに仕上げたい人は、
ヘナ染め直後にインディゴで重ね染めするというのが、ヘナ染め通たちには一般的になり
つつあるのではないでしょうか。

で、今日は。

インディゴを使わずに、
ヘナの仕上がりの色をできるだけ暗めに落ち着かせる方法


をひとつご紹介したいと思います。

自称アジアンビューティー評論家の私としては、どちらかというと、

アジアンビューティーの基本はやっぱり黒髪

だと思ってますんで、
ヘナ染めの仕上がりもできるだけ赤オレンジ系ではなく、できるだけ暗めにしたい方です。

が。

タイにはインディゴがないので、今日は、育毛&美肌効果が期待できる
タイハーブ・バタフライピーと

バタフライピーえき

先日友人にもらったコーヒーパックを使って、

こーひー

ヘナ染めの仕上がりをできるだけ暗めにするためのヘナペーストを
仕込んでみました。

こーひーあど

まず、バタフライピーを煎じた濃い青い液に、コーヒーを投入。

へなせっと

こうして出来た黒い液、ヘナ、ついでにアムラを組み合わせます。

アムラを入れる理由は、髪のハリ&コシ出しという目的もありますが、
アムラには髪を黒くする効果があるので、ヘナに混ぜて寝かせること
で、仕上がりの色を暗めにする役に立つからです。

へなどろ

こうして練り上げたヘナペーストが、こちら。
これをこのまま3日ぐらい寝かし、バタフライピー、アムラ、コーヒーの色
をヘナペーストにしっかりと浸透させます。

さぁて、ヘナ染めは3日後。楽しみでっす!

スポンサーサイト
  1. 2012/05/29(火) 21:02:32|
  2. インドハーブ・髪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ