オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

ヤワラート、再び。

今日は約4ヶ月ぶりに、材料調達のためヤワラート(チャイナタウン)
へと足を運びました。

ヤワラートに行くのは今回が二回目で、前回友人に案内してもらった
場所を求めて、最寄り駅のファランポーン駅周辺でタクシーを捕まえる
べく、

燦燦と照りつける激暑い太陽の下、空のタクシーをかたっぱしから止めると、、
立て続けに乗車拒否が3回。

場所が近すぎるので、運ちゃんたちはどうやら行きたがらない様子。

ふん。
こんなことで負けへんぞ。

ここでインド仕込みの忍耐力を発揮し、

「マイペンライカっ!(No problem)」と心の中でつぶやきながら、

場所を移動しつつ、再びトライ。

が。

いっこうにタクシーは行きたがる気配なし。

天気が暑すぎるので、とりあえず日陰に入ろうと歩道の方へ歩いていくと、
立て続けに乗車拒否される私の姿を目撃していたらしい小さな店の主人と
目があったので、すかさず行きたい店の場所がのった紙を出し、アピール。

英語がごくたまにしか通じないエリアなので、あまり期待はしていなかった
ものの、たまたまその店の隣にいた別なおじさんが英語が話せ、助っ人とし
て加わってくれました。

「ああ、ヤワラートはこっちじゃなくて、あっちの方向だよ。
とりあえず反対側の道路に移った方がいい」

このエリアの土地勘を全く知らない私。
どうやらヤワラートがある方向とは反対の方向へ行くタクシーを捕まえよう
としていたことが判明。

おじさんのアドバイスを頼りに、まずは反対側の道路へ移り、
ちょうど渋滞で止まっていた空きタクシーをひとつつかまえることに成功。

そのタクシーの運ちゃんは、一見ミュージシャンくずれ?的な長髪をした
おじさんで、英語が通じたので、これだ!とばかりにそのタクシーへ乗り込む。

その気さくなおじさんに目的の店へ電話をかけてもらい、場所を確認後、
目的地へイザ。

あんたはどこの国からきたの?とか、タイ料理は好きか、とか、カタコト
タイ語と英語でおじさんとたわいもない話をしながら、10分ほどでその目的
地へ到着。

親切にしてくれたのに、ぼるわけでもない金額をすんなり提示してきたので、
ちょっとしたチップとほっぺにチュ。というのはうそで、軽い握手をかわし、
目的の化学薬品店へ無事到着。

目的のブツをゲットした後、土地勘になれるために、しばしヤワラート通り
を歩いてみることに。

あるわあるわ、、
店々の数々。。。

ひとまず赤紫色のザクロ汁100%ジュースやさんが目に入ったので、
絞りたてジュースをぐびっと一気飲み。

果汁100%ジュースが手軽に飲めるのは、果物豊富な国ならでは。

ヤワラートかいもの

今日は、安くて新鮮なドリアン、上質そうな菊花茶、ベールの実スライス
(ハーブティ用)などをゲットしてみました。


暑さと重い荷物を抱えていたのとで、あまり長居はしませんでしたが、
手がふさがっていないときにじっくりと時間をかけて回りたい場所。
そんなバンコクのチャイナタウンです。


スポンサーサイト
  1. 2012/03/30(金) 20:32:33|
  2. タイな日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ