オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

新作シャンプーバー、ご披露目。

タイは硬水のせいか、、

水を柔らかくする効果のあるシカカイ入り石鹸が、
どちらかというと人気め。。

日本は軟水のせいか、アムラ入りの石けんが好評です。

やはり、住んでる国の水質によって、
好まれるハーブは決まってくる模様。

今回は、タイが誇る頭皮&頭髪滋養ハーブ・カフィアライムと
インド伝統お墨付き美髪ハーブ・シカカイを融合した、

お菓子仕立てなシャンプーバーを作ってみました。

s-k shamoo bar

主な原料ハーブ:
カフィアライム、シカカイ、ニーム、ラベンダー、ペパーミント


☆販売開始は8月上旬予定@オリエンスハーバルです。

…とまあ、何気にジミーな新作のご紹介でした。


★★《毎月・第二週目の土日/10:00~17:00、
バンコクファーマーズマーケット@Gateway にて出店中!》




スポンサーサイト
  1. 2017/07/12(水) 10:53:32|
  2. 髪ケア・その他
  3. | トラックバック:0

最近のヘアケア・アイテム。「完熟バナナ+こぶみかん」

タイ国民の英雄、プミポン国王がお亡くなりになられ、、
本日で二日経過。

悲しみにくれた後のしっとりしんみり感漂う、タイはバンコクです。

道行く人たちのほとんどは、全身黒または半分だけ黒(上下の
うちどっちかが黒)といった服装に身をつつみ、

喪に服しながらも、デパートや公共機関は通常営業していて、
普段となんら変わりません。

そんな中、今日は街の様子観察&買い物を兼ねて、超久しぶりに某ハイソ
デパートをブラブラ。

土曜日ということもあり、かなりの人でごったがえしていましたが、
大半の人たちが黒い服に身をつつんでいるせいか、
普段とは違う、なんともいえない静けさがありました。

そんなデパートの中で、何気に目に入ったタイ風おかきせんべい。

髪強壮おかき

サクサクテイストのおかきのうえに、
ムング豆、ゴマ、カシューナッツ、カボチャの種、ココナッツシュガー
がちりばめられたこのおかき、

実は「髪滋養&脳強壮&精神安定」のための栄養の塊といっても過言でなしの、
まさに理想のお菓子。

たぶん以前だったら「おかきは食べないしなー」という固定観念から
見かけても決して買うことはなかった類いのものなのですが、

今では、「これだけ理想的なナッツが全部くっついてる便利なお菓子が
あったのね!」と喜んで買う気満々。(まるで別人)

そんな感じで、ここのところ数ヶ月は、ほんのちょっとした日常の、
「以前ならしなかった」系のことをまめにやるようにしているのですが。

そんなもののひとつで、最近、実際にやってみてすっかりハマっている
ヘアケアレシピが、こちら。

完熟バナナとマクルー

完熟バナナ+カフィアライムを使ったヘアケアです。

バナナは何かとヘルシーなので、おいしそうなバナナを見かけるたびに
ついつい買うものの、

もともと間食はほとんどしないため、いつ食べたらいいかよくわからなくて
いつのまにか放置してしまうことが多く、

買うだけ買って、気づいたら黒くなってしまっているバナナ。(笑)

保存できるようにジャムにでもしてみようかとも思いつつ、

普段、パンにジャムをぬって食べるという習慣そのものがほとんどないので、
作ってもたぶん無駄にしてしまうことがありありと予想できたので、

他の使い道を考えていたところ、、

「そうだ! バナナはヘアパックに最高のアイテムじゃないの!」

ということで、

さっそく皮が真っ黒なバナナを使い、手でつぶし、
さらにマイ定番美容アイテム・インドのごま油を加えてカスタマイズ。

頭皮と髪にバナナペーストを塗り、1時間放置した後、お湯で流し、
翌朝の髪の仕上がり感を観察。

フンワリ・ボリュームが出つつも、髪が柔らかく仕上がるので、
即効でお気に入り!だったのですが。

ただ、、

手でグニュグニュつぶしただけの粒が残っている状態でヘアパックすると、
流しても流してもバナナのカスが髪に大量に残り、
すごいことになってしまうことに後で気づき、

翌朝、髪に絡まった乾いたカスをとるのに、かなりの一苦労をすることに。。

これを予防するために or ツブツブをできるだけ髪に残さないようにするために、
キメの粗いザルを即効ゲットしました。(←キメが細かい普通の茶漉しでは
バナナが通らないので)

バナナに適量の水を加えた後、手で程よくつぶして混ぜ混ぜした後、
さらにキメを細かくするために、キメの粗いザルで一旦濾し、
再トライ。

それでもやや、髪にはややカスが残る感はあるのですが、

フンワリボリューム感&艶が出るので、結構クセになります。

ミキサーがある方は、バナナ1、2本(髪の長さや多さで調節してください)、
オイル(ごま油、オリーブオイルなど、普段髪に使っているオイル)
大さじ1~2杯、髪に塗りやすい柔らかさにするための適量の水(だいたい
50cc~100cc)を加えてスイッチオンするだけでOKです。

ハチミツやミルクなんかを加えてみてもよろしいかと。

頭皮中心にペーストを伸ばし、髪にもいきわたらせた後、
シャワーキャップをかぶって30分~1時間置いた後、

ぬるめのお湯で流します。
(この後、あらためてシャンプーする必要はありません)


また、髪が半分ぐらい乾いたあとに、さらにこぶみかんのスライスを
頭皮にこすりつけ、育毛効果を狙うのも◎。

個人的には、こぶみかんの果汁を頭皮にこすりつけた後のすっきり感が
好きなので、バナナヘアパック+こぶみかんスライスをセットにして
やってます。

ちなみに生こぶみかんのスライスは、お風呂にプカプカ浮かべると
すごくいい香りがし、癒し&リフレッシュ効果もバッチリ。

なので、ここのところは、いつもこぶみかんは冷蔵庫に常備。
切らしたことがありまっせん。

kobumikan image



  1. 2016/10/15(土) 20:07:17|
  2. 髪ケア・その他
  3. | トラックバック:0

シャンプーバーの新作仕込み、ご披露目。

最近、、
すっかりこぶみかんに夢中になってる私ですが。

こぶみかんへの情熱を表現するため(?)に、
こんなものを作ってみました。

kaffir lime and holy basil

after cutting kaffir lime and holy basil

名づけて、、

これでもかこぶみかん・シャンプーバー。(そのまんまです)


自分的には、これでもかというほどに、
こぶみかんの成分を石けんの中へ閉じ込め、
シャンプーバーに仕立ててみました。
(ちなみに髪のコシ出し効果をプラスするために
ホリーバジルもADDしてあります)

実際は、こんな感じで紐がくっついたヴァージョンになる予定です。

また、同時進行で「ローズマリー&ラベンダー」ヴァージョンも
こしらえたのですが、こちらも「これでもか」仕立て(ハーブが
ギュッと詰まりまくり)となっております。

rosemary and lavender shampoo bar

基本的に、入ってるか入ってないのかわからないような
マイルドな量のハーブを入れるのが好きじゃないので、、

入れるならとことん入れます(笑)

ハーブが多すぎて泡が立ちにくい。という意見もたまに
いただくのですが、「いやいや、泡が立たないほうがいーんですよ」
と説明しています。

なぜなら、泡立てて洗いすぎることで、頭皮や髪、そして肌を
必要以上に乾燥させてしまってるケースが本当に多いのです。

乾燥させてしまうと、肌ではシワやシミなどの原因になりやすく
なり、頭皮や髪の場合は、パサパサ髪または頭皮のまだら状態(ある
部分は油っぽくある部分は乾燥してフケのような粉が吹いたような状
態になる、etc..)、あるいは髪が細くなる、抜け毛などなど、、

・・さまざまなトラブルの元になります。

逆に、「洗わない」ことで(または洗っても水やお湯だけの超シンプル
なスタイルにすることで)、肌や髪がひとりでに健康な状態を取り戻す
こともあります。何もしない=自然治癒力活性というやつですね。


ちょっと話がそれてしまいましたが。

こちらシャンプーバー新作2つは、約1ヵ月後に
オリエンスハーバル
にて、発売予定です&お楽しみに!




  1. 2016/04/22(金) 00:28:05|
  2. 髪ケア・その他
  3. | トラックバック:0

硬いゴワ髪、いったんリセット。

ここのところ、、

インテンスに、オイルやらクリームやらの実験を
頻繁に続けていたせいか、

だんだん髪がゴワゴワ硬くなってきて、バリバリしてきたのですが。

こうなってしまった場合は、
髪を一旦リセットし、もとの柔らかい扱いやすい髪に
もどすのがベスト。

オイルやクリームは、基本髪や頭皮の滋養にいいのですが、

やりすぎてる場合のサイン(一度に使う量が多すぎる+長時間髪
につけっぱなしにし過ぎている)が出てきたら、要注意。

髪が健康になるどころか、逆にゴワゴワして硬くなり、くすんで
鈍い感じになってくることがあります。

・・特にココナッツオイルベースのものを使っているとき。
(ここのところの実験アイテムは、ココナッツオイルベースが多か
ったので、まさにこのバリバリゴワゴワな状態にはまりこんでしま
った模様。。 セサミオイルベースの場合は、ほぼこんな風には
なりません)
→参照ページ:「ココナッツオイルが合わない髪?」


さあてそんな時は。

初心に返って、元祖ハーブシャンプーでのヘアケアが◎。

herbs in a pot

基本は「アムラ」+「シカカイ」+「リタ」の三点セットなのですが、

今回は洗浄成分をよりマイルドに抑えるために、
天然石けん成分の多いリタなしのレシピで決行。。

で、リタの代わりに、古代からのお墨付き育毛ハーブ・ハイビスカスと
ほぼ似たような効果が期待できるハーブ、ロゼラをADD。

rosella3 nama

・・この元祖ハーブシャンプーを数日続け、、

herbs in a pot boiled

髪がリセットされたころを見計らい、研究再開をば。

ところで、こんな髪ゴワ状態に、特に救世主となってくれるのが、シカカイ。
シカカイには、自然に髪のpHバランスを整えてくれる効果があるのです。

sikakai pod dried

***

このように、ココナッツオイル系は、髪質によっては、
使いすぎるとマイナスになることもある一方で、

肌に使う分には、マイナスになるどころか。お肌はオイルを滋養として
どんどん吸収し、肌年齢が若くなります。

特に最近は、シアバターとココナッツオイルベースのハーブオイルを
組みあわせたボディバター系での全身マッサージに励んでいるのですが、

クリーム状なので、マッサージ中にたっぷり使っても、
オイルのように下に垂れずに済み、思いのほか快適。。

で。

翌日の肌の状態が、これまたグッドな感じ!

シアバターとハーブオイルのコンビネーションの
アメージングな美肌効果に、日々感動している今日この頃です。

shea butter whipppped




★★★

■オリエンスハーバルからプレゼントのお知らせ:

lotion soap bar candy mini

今月の期間限定無料ギフトは、こちら です。
ぜひお見逃しなく!






  1. 2016/01/17(日) 18:10:21|
  2. 髪ケア・その他
  3. | トラックバック:0

ホリーバジル生汁+ヘナで自然なストレート髪。

そういえばここのところしばらく、
ヘナってなかったよね。ということで、、

ヘナるならやっぱり、ハリ&コシ出し効果のあるハーブをば。
というわけで、

最近、なにかとよく使っている、
生のタイ・ホリーバジルを、本日もゲット。

raw holy basil thai

タイのホリーバジルは、まるでシソのような出で立ちなのですが、

やはりホリー(神聖)なバジルであることに変わりはなく、、

ミキサーにかける前

ミキサーにかけた後

生葉から青汁を取り出すべく、
葉っぱと水を適量加えてミキサーにかけて取り出したハーブ青汁は、

filtered holy basil

なんともホリーな感じが漂う、波動の高い青汁なのでした。

・・なんなのかしら、、
この透明感とピュアな波動は。(笑)

ホリーバジルといえば、がんを最強に予防するハーブといわれていますが、
この波動の高い青汁を眺めていると、
がんを浄化してしまってもおかしくないとすんなり思えます。

こんなバジル系のハーブを、
日常的にモリモリ生で食べるタイという国では、

さぞ、がんになる人が少なかろうと思うのですが。

事実はいかに。。(あいにく調べてません)


ところで、
そんなホリーバジルの青汁をヘナと混ぜ、
久しぶりにヘナろうと思ったら、

add to juice

ここでアクシデント発生。。

torotoro hena jiru

オーマイガ。
水分多すぎて、ヘナがトロトロに・・。

頭からボタボタ落ちてくるので、
がっつり2、3時間塗ったままはちょっときつかったので、

1時間程度のマイルドなヘナ染め(というか、染色効果は
ないのでトリートメント)になりましたが、

ヘナとホリーバジルのダブルな髪コーティング効果が、
髪のクセを伸ばし、自然なストレートに。

しかし。
生の素材は、その植物の生命エネルギーがたっぷり入っているので、
やはり体が喜ぶ感じ。

ここのところ、やや生のハーブからは遠ざかっていた感が
あるので、ここで再び生ハーブ活用モードのスイッチがオンに。

・・さあて、次は何にしようかしら。。





  1. 2015/12/07(月) 19:59:37|
  2. 髪ケア・その他
  3. | トラックバック:0
次のページ