オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

家の前に、川が…。

今週末の14、15日は、
月1回のバンコクファーマーズマーケット出店を控えていたのですが、、

バンコクは昨日の真夜中、

「なんかもしかして、とんでもない雨量かも…」

とちょっと心配になるような大雨が、かなり長い時間降っていて。

なぜに出店前夜に?

あー、、朝までに止んでくれてたらいーなぁと期待しつつ、

雨の音があまりにも大きかったので、それほど熟睡できないままに
朝を迎え、

カーテンを開けて空をのぞいてみると、
雨はすっかり止み、曇り空ではあるものの、
とりあえず雨は止んでくれた様子。

はー、、よかった。

荷物のカバンを引きながら、タクシーを捕まえにアパートの入り口まで
来て、

…しばし呆然。

なんと、、、、
アパートの前に、

a river emerges

川が出没。(頭真っ白)

ええええ?

ここタイのバンコクで暮らすようになり、数年経ちますが、
これまでもこんな洪水&冠水は経験していたので、

数時間待てば、水は引くだろうと高を括っていたら、

…これが。
数時間経っても一向にひかない!(驚)

なんだかいつもの洪水とはかなり違うぞ今回は、、ということで、

とりあえず昼間まで様子を見てみようと待機。

が。。

いやな予感は見事的中…。

夕方になっても、さっぱり水が引いちゃいません。


marude hamabe
まるで浜辺…。

昨日の夜中の大雨で、バンコクの55の主要道路が冠水し、
朝の9時ごろまでには半分は水が引いたようなのですが、

うちの近所は、夕方になってもいまだに川状態です。


ikko ni hikanai kawa

こんなに長い時間、水が引かないのは、バンコク暮らしはじめての体験。

「今年は予想外のことが頻発する、変化の年」的なメッセージは、

プロの風水師の方が発信する情報から聞いてはいたものの、

丸一日、アパートから一歩も外に出れないというのは、
かなりのストレス。

そういえばこの系のストレスって、インド時代にはよく体験してたな。

…人間、便利さに慣れてしまうと、逆に不幸になるのかも。

そんなことを思った今日でした。

明日の朝までには、水が引いてくれたらいいのですが。(願)

でも、、
また雨が降りそうな空模様…
(ときどきカミナリゴロゴロいってるし)







スポンサーサイト
  1. 2017/10/14(土) 19:33:45|
  2. タイな日常
  3. | トラックバック:0

アグリー野菜って、、あーた。

ここ数ヶ月で、何気に見かけるようになった、

「UGLY BUT HEALTHIER」ベジなるもの。

アグリーベジ

ようは、オーガニックで形は悪いけど、
栄養あるよ~的なキャッチを売りにした野菜の模様。。

ugly vege up

このシリーズの野菜、見た目的には、
スーパーでフツーに並んでいる水太りOR薬漬け野菜に比べたら、
小ぶりで色も濃く、

いかにも栄養たっぷりそうな感じ。

実際試しに食べてみたら、
いつも食べていたスーパー野菜よりも断然味が濃くて、
すごくおいしい。

タイには「オーガニック」を謳いながらも
えーーー、これ、ホントにオーガニック?という眉唾もの野菜が
結構あふれている中、

このシリーズの野菜は、
そうそう、本当のオーガニック野菜ってもともと、こーいうやつよね。
見た目も、味も。
両方の面で、食べてて安心感が湧いてくるのでした。

なので、ここのところよく気に入って食べてるのですが。

しかし、、

なんでこれがいきなり「アグリー」呼ばわりされてしまうのか、
さっぱりわかりません。

水太り&薬漬け野菜よりも、断然見た目も引き締まっててすごくいいし、
実際「アグリー」なんて言葉からは、程遠い形。

こんなウツクシイ野菜たちに、なんでこんなキャッチつけるんだよ。
野菜にしつれーな。という印象です。

…インパクトを狙ったのかもしれないけど、
アグリーは酷すぎ。名前変えたほうがいーんでないの?

ま、、
それはさておき。

ラオスからタイへもどってから、妙に気に入ってしまって
よく食べてるものが、コレ。

kanom jeen with vege

…汁ヌードル+生野菜どっさりの組み合わせ。

実は数週間前、ラオスへ行く直前に体調を崩してしまっていて、
熱とゲホゲホ乾咳&鼻水ズルズル状態のままラオスホリデーとなった
のですが、

体が異様に水分を欲していたせいか、
これまた異常に、アツアツ汁系のヌードルをすすりたくなり、

たまたま泊まったホテルの近くにあった激庶民ローカル食堂に
入り、ライスヌードルを注文すると、、

どかーんとデッカイどんぶりにたっぷりのヌードルと茹でチキンが
入ったアツアツヌードルが、
たっぷりの生野菜のカゴと一緒に出てきて、思わず大喜び(笑)

そしてこの、タイ、ラオス、ベトナム共通?らしい、
アツアツ汁ヌードルに生野菜を組み合わせて食べたいだけの野菜を
たっぷりと食べるスタイルが、

すごく気に入ってしまったのでした。
(スープの味がわりと濃い目なので、これまた野菜をモリモリ食べ
れるのです)

というわけで、
何かとこのスタイルでここのところ、アツアツヌードルをすすっている
ことが多い最近。

写真は本日の遅い昼メシ・
「カノムジーンのチクワ風味」。

カノムジーンは、そうめんそっくりのヌードルを発酵させた
消化がすごくいいヌードル。←コシが限りなくゼロ&どれだけ食べても
すぐにお腹がすく感じ、、

本当はカレー系と組み合わせて食べるのがタイ風なのですが、
本日はチクワ入りアツアツ汁ヴァージョンの邪道風味にしてみました。
(でも激ウマです)




  1. 2017/09/25(月) 20:25:30|
  2. タイな日常
  3. | トラックバック:0

身近な風景・写真館。その25.「展示会めぐり。」

なんだか、、

すっかり展示会めぐりが趣味になったような感がある
マイライフなのですが。

今日は(といっても日が変わってしまいましたが)、
数ヶ月前から密かに楽しみにしていた、46カ国から出店者が
参加するという、かなり大きい食べ物展示会の初日ということで、


thai food show at impact


朝からいそいそと支度し、さっそく足を運んできました。

会場へ行ってみると、すでにすごい人、人、人。。

このイベントを楽しみにやってきた、国籍ごたまぜの人々の群れの中に
混じり、登録を済ませた後は、

ひたすら、各店舗の試食めぐりです(笑)

nigiwai street

にぎわう日本のブース

cake ya

ケーキのブース

shishokucake.jpg

takoshishoku.jpg

タコの試食なんかもあります

hozon foods

保存食品がズラリ(中国の出店ブース)

laos no booth

ラオス、カンボジアのブースはこんな感じ

nekoshop.jpg

ネコシーフードってあーた


一日中、ちびちびと、主食を食べずにひたすら間食していると、
まったくお腹がすいてこないのと、

食べ合わせのめちゃくちゃさで、胃の中が混沌としている感じ、、

今日はもう夜ご飯は食べなくてもいーかも。と思いきや、
後から急に、変なお腹の空き方がしてきたので、

バンコク中心部へもどってきてから、
ちょうど帰り道の途中にあるよく行くフードコートへGO。

ここのフードコートではいつも、おかず3つ+ホカホカ白ごはんという
組み合わせの、同じメニューしか食べないので、
すっかりカウンターのお姉さんに顔を覚えられ、、

常連サービス(?)ということで、
いつもおかずをやや多めに盛ってくれます(ニヤリ)

mesi at food court

このボリュームで、たったの39バーツ!(驚)

***

…なかなかこちらのつぶやきブログの方は、更新できてませんが。

まじめなメインブログの方は、ちゃんと内容濃い感じでやってますので、
ぜひ覗きにきてくださいませませ。





  1. 2017/06/01(木) 01:51:44|
  2. タイな日常
  3. | トラックバック:0

本当の美人て、きっとこういう人のことをいうんだね、、(+最近の生活模様など)

今月も今日で終わりとは…。

時間経つの、ほんと早いです。

最近は、バンコクからノンストップ&最速バスで4時間半程離れた
コラート(ナコーンラーチャーシーマー県)に気分転換プチ旅行を
してみたり、、

YaMo01.jpg

map_thailand_prog02.jpg


ASEAN BEAUTY なる、美容関連のトレード展示会をのぞきにいってみたり、、

asean beauty event
展示会でもらったブツ

世界のフレッシュマーケットランキング・第4位に選ばれたという
新鮮な食材マーケットが、なにやら家から地下鉄にのってすぐに行ける場所
にあるというので、偵察しにいってみたり。

5-2.jpg
タイのハイソピープルが来るだけあって、
すごく清潔&野良にゃんこ殿が一匹もいません。

druan in season at ortor

旬のドリアンがズラリ、、、

butsu at ortorkor

色に見せられて思わず買ってしまったスナック菓子&
オーガニックのローズティー。
そしてRoyal Project のハーブたっぷりアロマ歯磨き粉は、
かなりグッドな使い心地!(⇒オリエンスハーバルで買えます)


このマーケットの感想は、
タイの巨大庶民マーケット・クロントゥーイ市場とはえらい違って、
新鮮市場の生臭さがほとんど感じられず、おしゃれな感じ。。

ただ、今回の一番の目的だった、巨大アロエの葉肉が見つからず、
ちょっと残念。

全体的に値段はやや高めなので、あまりお得感はないものの、
朝6時からやってるので、朝の散歩にはなかなかよさげなマーケットでした。
しかも年中無休。

故タイの王様が支援したローカルファーマー・プロダクツのお店
「ロイヤルプロジェクト」のお店ものぞけたことだし、
本日の新規開拓プチノルマは無事達成。。

とまあ、最近のライフはこんな感じなのですが。


…実はそんなことよりも、部屋の中で、ネットを通じて
ここ数日、深い感動を味わっていた私。

話し始めると長くなるのですが、、(笑)

ここのところ、なぜか、私の中では「イスラム」に関する興味が頭を
離れず、数年前に日本人が人質にとられて殺されてしまった頃ぐらい
から、このイスラムの人たちに興味を覚え、

「どうしてそうなんだろう」という疑問が、頭の片隅の方にあり、

イスラムの人が漂わせている独特の雰囲気というものに触れながら
(近所で定期的に開催されているナイトマーケットで、ムスリムのお
兄さんやお姉さんがいつも焼き鳥を売っているので、
やんわりと常連客になってみたり 笑)、

まるでずっと頭の片隅にこびりついていた疑問への答えが開示される
かのような講演を、ここ最近ネットを通じて偶然見つけることができ
たのでした。(念で引き寄せた?)

それが、この三本の講演@TEDです。
(日本語の字幕にできます)

1. ISISのような武装集団が勢力を伸ばす驚くべき理由
2.「自爆テロ養成学校の内側」
3.ヨーロッパ社会で行き場を失うムスリムの子供たち

一本目では、なるほどそういうしくみだったのか、とかなり納得。

そして二本目はかなり、うううううーーーーーんと考え込んでしまい
ました。

以前このブログで、タイのバーガールについてのことを書いたことが
ありましたが、その後、自分がもしタイの貧しい田舎で生まれ、
現状打破のためにバンコクに身を売りに行かなければならないような境遇
だったとしたら、自分ならどうするだろうと考えてみたのですが、

この二本目の講演を見た後、さらにさらに考えこんでしまいました。

もし自分がこの少年たちと同じ境遇だったら、どうするだろうかと。

バーガールも悲惨だけど、イスラムの貧しい家族に生まれた少年たちと
比べれば、全然まだ望みがある。

なぜかというと、逃げようと思えば逃げられる機会がいくらでもあり、
自分の努力?次第では、まともな外国の男をゲットできる可能性もある
だろうし、自分である程度お金をためることができるのだから、
そのお金を元手に、外国にトンズラしてもいい。

でも、イスラムの貧しい村に生まれて親から引き離され、
自爆テロ養成所に監禁されてしまった場合、もうなすすべがほとんど
ない。

食事も十分に与えらず、逃げるだけの気力も体力も得られない弱った
状態で、回りの大人や先輩が全部こんなだったら、簡単に洗脳されて
しまう。…どう考えても、バーガールの方が条件が断然いい。

そしてこの三本目。

なんと的を得た話。。そしてこの人の勇気と強さに深く感動すると
同時に、こういう人が、この世界のどこかにまだいてくれてることが、
嬉しくなりました。

外見だけに異様にこだわる、タイの整形プラスティック・中身スカスカ
ドールズたちを日常的によく見かけているせいか、

本当の美人て、きっとこういう人のことをいうんだな。と、
このディーヤ・カーンさんを見て、深く思いました。

しかし。こんな講演がタダで何回も見れてしまう今のネット社会に生きれて、
本当にありがたい。

ヒシヒシ思う今日この頃です。





  1. 2017/04/30(日) 21:14:58|
  2. タイな日常
  3. | トラックバック:0

ここのところのマイヒット@タイな日常。その2

本日で、タイの旧正月シーズン・ソンクランもほぼ終わり、、

なんだか朝から、かなりクワイエット感が漂っていた、
タイはバンコク。

賑やかなこのホリデー期間中に、一度だけ観光エリアに
お茶をすすりにくりだしたのですが、

いやー、、
ホリデー期間に、人が行きそうな場所には行くもんじゃないなーと
しみじみ実感することに…。

平日ならそれほど人がゴミゴミしていないこのエリアは、
お茶を飲むだけでもハイソ&優雅な時間がゆったりと楽しめるのですが、

この期間、やたらめったら人ばかりが溢れ、
建物内の酸素のうすさに、即効ギブアップ。

「しまった。来るんじゃなかった…」(ガクっ)

というわけで、この日以外はひたすら近場でまったりのんびりに
過ごしながら、

ちょうどいいので、最近手に入れたアロエヴェラジェルを片っ端から
マイ体で人体実験。

タイにやってきてからというもの、
いいアロエジェルにイマイチめぐり合えなかったこともあり、

ここ数年、アロエジェルなしのライフを長いこと送っていたのですが、

最近の蒸暑さの影響から、
「やっぱりアロエジェル、手元に1こは欲しいな…」とふと思い立ち、

タイではここのところプチブーム?な、韓国から輸入系のアロエジェル
の「99%」というキャッチに惹かれて、1つゲットしてみることに。

韓国系の美容アイテムに対するイメージとして、
保湿成分にカタツムリのあのネバネバを使っていると想像すると
どうも気持ち悪く、

昔よく塩をかけて追い払ったナメクジもついでに脳裏に浮かぶので、

これまで韓国系美容アイテムに対しては、なにげに毛嫌い感があったのですが、
アロエジェルは、かなりヒットでした。(スネイル入ってないし)

タイ製も韓国製に負けてちゃダメでしょ。
せっかくデカアロエが育つ国なのに。ということで、

タイ製のアロエジェルも数点ゲットし、ここのところ毎日使い比べ中です。

aloe vera 5pcs

qualitiy of gels

アロエジェルと同時進行で、最近のマイヒットなものが、こちら。

pen 3pcs

タイの若者ご用達なナイトマーケット(木曜日から日曜まで開催)が近所にあり、
歩いて行ける距離なので、夜の散歩コースによく行くのですが、

そこで売っていたアイデアペンの中からピックアップした、3本。

中でもこのピヨコペンにはぞっこんで、、

piyoko head

ピヨコなのかアヒルなのか微妙なところがまたグッド。

このペンにしてからというもの、
書くことが楽しくてたまりません(笑)

…なのでずっと使い倒していたせいで、もうほぼインク切れ。。(悲)

またマーケットに行ってブツを仕入れねば。
(5本ぐらい買いだめしといたほうがいいかしら)


  1. 2017/04/16(日) 21:47:14|
  2. タイな日常
  3. | トラックバック:0
次のページ