オリエンスハーブ生活~インド&タイハーブな暮らし~

インドハーブ、タイハーブを使ったヘアケア、スキンケア、 美容、そしてアジア的日常のつぶやきブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

身近な風景・写真館。その24.「ブラリ郊外、コラート。その2.ピマイ遺跡」

古代の遺跡。

そんなもの、マイライフの中では縁のないものだと
思っていたのですが。

今回、タイ有数の観光名所のひとつ、ピマイ遺跡なるものが
たまたま近場にあったことから(といっても車で1時間ほど走りますが)、

ついでに連れて行ってもらうことに。


かんばん2いせき

中に入り、、

かんばん1いせき

歴史を感じさせる広大さ&どどどーーーーんな雰囲気に、
プチ感動。。

普段の生活範囲のゴミゴミしたバンコクでは決して味わえない、
由緒ある空気感を吸い込んできました。


どどーん5
どどーん

どどーん4
どどどどどーん

どどーんといせき2
どど、どどどーん

どどーん3
どどどどっん

いせき1
どんっっ

いせきの真ん中めじるし
遺跡のど真ん中の目印となる像。

どどーんといせき

ぞろぞろならんでます
なにやらゾロゾロならんでます

そろばんいせき
ソロバン?

タイの坊さん修行中?
タイの坊さん修行中。しっかりカメラ目線でスマイリーです

いまだにくずれてきてあぶない
くずれてきて危ない!


まるで、奈良の大仏のタイヴァージョン的雰囲気漂う、
このピマイ遺跡。

こういうところにやってくると、

いかに普段の生活が、縮こまってちまちました小さいもので
あるかが、わかります。

今回はほんの2日程度のプチ旅行でしたが、
脳に新しい酸素を吹き込め、リフレッシュな感じ。

今回泊まったホテルは、古いながらも清潔でスペースが広め&
ラオスな雰囲気が漂い、立地もグッド。

コラートのほてる

マイお気に入りリストに即効ADD。

次回はもうちょっと日にちゆっくりのんびりめで、執筆旅行も兼ねて
ステイしに行きたいと思います。


★今回の教訓: やっぱ動いて脳に酸素補給しないとダメね!





スポンサーサイト
  1. 2017/01/24(火) 15:03:58|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0

身近な風景・写真館。その23.「ブラリ郊外、コラート。その1.黒田ファーム」

去年の年末に、おもむろに2017年の抱負として、
「動くわよっ!」宣言をした私ですが。

その「動くわよ!その1」ヴァージョンとして、今月は、
タイの東北地方・イサーンの玄関口にあたるナコーンラチャシマ県
(通称コラート)をプチ訪問することに。

今回のメインは、タイで唯一の日本人経営のオーガニック農場@コラート
の黒田ファーム。

バンコクから、休憩も入れて目的地まで約7時間ほど車でゆられながら、
目的地のファームへ到着。。

今回は私よりも歳が二回り&三回り上の方たち(60後半から80前半)と
同乗させてもらったのですが。

明らかに今の若者たちよりもはるかに元気炸裂、、
「ワタシはもう○歳だから・・・」系言い訳や常識など、
まったく通用しません。

私自身、もともと人間を歳でうんぬん考える類いの人間ではないのですが、
この方たちを観察しながら、「恐ろしく若い!!!」の一言。
「あんたなんかまだ生まれたばかりの赤ん坊じゃよ」よばわりされることに。(笑)

さて、今回はそんなコラートのファーム風景をピックアップしてご紹介をば。

のどか1

のどか2

のどかです。

とりちゃんたち

賑やかなトリちゃんたち

豚ふぁみりー

黒ブタファミリー、団らん中

牛もいます

牛もいます

生インディゴ

生インディゴ自生してます

手インディゴ

手にとるとこんな感じ

ニームそっと1

フレッシュニーム

 
さすが田舎。バンコクと違って酸素濃し。
生えてる植物は、ほぼインドと同じです。


ニーム葉オイルで毛がふさふさ

このワンコ殿は、主人にしか一切なつかないという農場の番犬ポパイ。
農場にいるワーカーたち、野生のカラスなどに怖れられ中。
これまでに何人ものワーカーが容赦なく噛まれ、辞めていったのだとか。。

ご主人様の前ではこのように身ゆだね&おまかせコース。

ほんの一年前まではダニや虫などによる痒みによる掻きむしりから
毛がごっそり剥げていて、獣医の元に連れて行っても一向に治らなかった
ところ、
ニーム葉オイル を使いはじめてからたったの数日で
ほとんどの痒みがおさまり、今はこのように剥げた部分からも
ぎっしり毛が生えてフサフサ&どこも剥げてません。

ニームヂカラ、、恐るべし。


ニームそっと2

※ニーム葉オイルは、タイ国内の方はネットから入手可。または
プロンポンのMOSS terraceさん@ラケットクラブの店頭にて購入できます。



《コラート。その2につづく》

  1. 2017/01/22(日) 16:29:56|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0

ギーで解毒中。。

この年末年始を利用して、、

来年に向けて、無敵に活動できるための体づくりをば。ということで
(なんだかんだいっても、カラダ様が動いてくれないことには
話にならないので)、

何気に昨日からはじめた、ギー解毒4days。
(やり方は年明け、トリニティWEBさんのところで連載させて頂いてる
コラム
にて詳しく説明しています)

本日で二日目経過。。

朝から起きがけに特定の量のギーを飲み、
ご飯は一日3食ケチャリのみの4日間。さらにたっぷりめのセサミオイルで毎晩マッサージ決行。
というのがベーシックなのですが、

ケチャリだけだと、消化促進スパイスが入ってるので
二食たっぷり食べても、すぐにお腹がすいてしまうのが現実。

なので、あまりキチキチにせずに、
ヴィーガンでノンオイルの茹で野菜なら、食べてもOK。さらには
昼間のカプチーノも1~2杯ならOK!というルールで、(←自分に甘い性格)

残りあと2days。

kichari norimaki

ケチャリも、自分的には結構食べ飽きてるので、アレンジが必要。
昨日はこんな風に、大根キムチ入りの海苔巻きにしてみました。

こんな解毒期間中、何よりも楽しみなのは、、
外で飲むカプチーノorカフェラテ。

今日もギーをグビっといき、ケチャリを食べた後、
朝7時から開いている近所のスターバックスへ。

Starbucks-Logo.jpg

異様においしく感じる解毒期間の1杯のカフェラテをすすりながら、
本日のやることリストをまとめていると、

スターバックスのお姉さんが現れ、試食用のパウンドケーキを片手に、
「いかがですか~。」

マーガリンやらバターがたっぷり入っていそうなパウンドケーキ
の欠片を受け取りつつ、

本日の「ノンオイル・ヴィーガン計画」があっさり破られる。(笑)
→この後トリファラを多めに飲むことで、相殺カスタマイズです。

4日目の夕方に、プルーンジュースを飲んで、この4日間にギーで
ゆるまった体内の毒素を下すのがメインイベントなのですが、

果たして結果の方はいかほどに。

解毒で始める2017年。

来年は、動くわよ!(なにげに新年の抱負)




  1. 2016/12/31(土) 20:42:43|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0

身近な風景・写真館。その22.「カフィアライムで自作シャンプー」

今年の終わりも、ほぼ秒読みにさしかかりましたが。

そんな中、
タイの東北地方に自社農場を持つ日本食レストラン・黒田さんの
ところで開催されたお初オーガニックマーケットにお邪魔し、、


entrance of kuroda
玄関はこんな感じ

organic market at kuroda
黒田スタッフ

peace and smile
JICAのおねえさんとスリンの人たち

yudeyude ramen
社長さんラーメンゆでてはります

野菜目当てもかねて、こんな感じでプチ出店してきました。

shutten at kuroda

手に入れたオーガニックのカフィアライムがフレッシュなうちに、
タイ名物・ハーブシャンプー、カフィアライムシャンプーを自作をば。
ということで、

boiled kaffir lime

大なべに大粒カフィラライムを20個ほどを入れ、
さらにトゥルシ(ホリーバジル)の束を投入し、

一時間フタをしてコトコト煮込んだ後、そのまま一晩放置。

で、トゥルシ風味な柔らかくなったカフィアライムを手で
グニュグニュとつぶし、、

mashed with hands

ザルで濾してなめらかにしたところで、
岩塩ADD。

adding rock salts

add salt and mazemaze

トゥルシと岩塩を加えたのは、ただ単に個人的な好みからなの
ですが、

このカフィアライムペースト、そのままシャンプーとして使うのも
よし。ベサンと混ぜてオイルマッサージ後の油とりボディスクラブ
にしてもよし。いろいろ使えます。

なんといっても、使うたびにバスルームが、すっきり爽快&リフレッ
シュなカフィアライムの香りに包まれるので、密かにアディクト中。。

***

普段から、時間の感覚がよくわかってない私ですが、
今年は、ここ数年でもかなり短く感じられた一年でした。

さて。来年はどんな年になるのか、、

未知な未来に、乞うご期待。。


  1. 2016/12/27(火) 00:41:27|
  2. タイハーブ・髪
  3. | トラックバック:0

身近な風景・写真館。その21.「トレイン・マーケット」

うちの近所で、ここ数年前から開催されるようになった、
タイの名物ナイトマーケットのひとつ、トレインマーケット。

毎週木曜から日曜までの週4日間、夕方から夜1時頃までやってる
ので、夕方の散歩がてらにいつも覗きにいくのですが。

もう、、
平日とは思えないほど、連日、人、人、人。

すごい賑わいです。

talat1.jpg

talat7.jpg

このマーケットの名物は、主にシーフード系なのですが、

talat3.jpg

他にもこんなB級グルメが勢ぞろい。

talat9.jpg

イカの丸ごとフライ。

talat6.jpg

鶏のササミフライ with スパイス。(トムヤム風味とか、いろいろあります)

talat8.jpg

虫のから揚げ系。(バッタ、セミ? タガメ? 何かの幼虫系など、いろんな
昆虫類がカラッと揚げてあり、香ばしそうなイメージ。
食べたことありません&食べたくありません)

talat4.jpg

フルーツもあります。

で。
ここのところすっかりハマってしまった、イカの串焼きと、、

ikayakinoappu.jpg

イスラム教徒のお姉さんが焼いているタイ風焼き鳥。

talat2.jpg

イカ焼きはその場で炭火で焼いてくれます。
焼きたてイカに、甘辛酸っぱいタイ風のタレをかけてくれるのですが、
辛くていつも涙出てます。でも、おいしくて止められないったらありゃしない。(笑)

talat5.jpg

イカ焼きやさんはマーケット内に何個かありますが、
いつもこのお兄さんから買ってます。←ちゃんと焼いてくれるので。

そして、このマーケットの密かな名物は、、、

talat10.jpg

床屋。

順番待ちのBOYSで賑わってます。
しかし、なぜこんな時間に散髪?(謎)

本日、空にぽっかり浮かんだくっきり三日月、、

talat11.jpg

雨季も終わりを迎えた、タイはバンコクです。





  1. 2016/12/04(日) 23:40:05|
  2. タイな日常
  3. | トラックバック:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。